FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
ミルフィオリ
 昨日書いた「ミルフィオリ」使うのは実は2度目でした。

 ステンドグラスの先生は炉を持っているので以前↓の写真の
作品をご一緒に作らせて頂きました。直径は2cm程です。

 これは円形に切って整えた透明のガラスの上にミルフィオリを並べています。かける熱のコントロールをしてガラス同士が溶けて繋がり、表面張力でこんもり滑らかになったあたりが良いのです。

 ペンダント・トップに仕上げたのですが、接着剤でつけた金具がとれてしまい、
引き出しに眠っていました。

 彫金の仕事をしている友人に相談して金具をつけ、日の目を見せてあげましょうか。
 ミルフィオリはよく腕時計の文字盤に使われていたりしますね。
花模様がかわいいので私はお店で目にするとつい見てしまいます。

 個性的なので「何個目かに持つ時計に良いかな」と思っています。
出来れば本場ヴェネツィアで探すのが夢です。
PICT2575.jpg

 
 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。

フュージング
 避暑地2日めは手作りを楽しみました。 
山中湖で何が出来るか予め調べ、ダラスヴィレッジでガラスフュージングをしました。

 ガラスフュージングとはガラスを重ねてそれを炉に入れて高熱で溶かし一体化させたものです。

 私は幾つかある中で「表札作り」(3200円、送料別)を選びました。
 係のお兄さんに、使って良いガラスの種類や重ねる際の制限、
出来上がったら紙にデザインを描いておくよう指示されました。
 私は連れが迎えに来るまでの約2時間(普通は30分らしい)好きなガラスを選んで並べました。
ベースは不透明な白、周りに透明な寒色系色ガラス。
 文字はソレイアードの配色をイメージし、ヴェネツィアのミルフィオリという金太郎飴みたいな円柱ガラスを使いました。
 配置が決まったら糊で固定し、確認の為の配置図を描いて私の作業は終わり。
 炉で溶かしてから冷ます時間が必要なので普通は郵送になります。
 2週間後(実際は体験5日後に届きました)を楽しみにしています。私の旅の記念でもあります。
PICT2528.jpg

ひたすら好みのガラスを探して並べました。
PICT2529.jpg

熱で溶かされてガラス同士がどう繋がるかはあとのお楽しみです。
 
 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。

ガラス用定規
 ステンドグラスのパネル1パネル2作りではガラスをまっすぐに切るため定規を使いました。
(今日の写真はジミなのでお暇があれば↑のパネル写真で和んで下さいませ。)
 合板と金属のバー、ねじを使ってステンド用定規を手作りました。金属のカットと穴あけは流石に私の手に負えず、ホームセンターで頼みました。

 金属のバーの上部はねじで固定させ、合板の土台にガラスを乗せ、重ねたバーではさみます。バーをガイドにして切る線を合わせてガラスカッターをガラス表面で動かします。切ると言っても実際には溝を作っているのでジリジリした音がします。一気に切る集中力と均一な力を要求され「緊張」!
 紙と違ってガラス切りはいつもどきどきします。

 でもこれがあれば直線で構成された図案のガラスを切るのが簡単で正確にできます。
 シャドーボックスに全く関係ないようですが、額のガラスが破損した時など自分で合わせて透明ガラスを切ります。少しは出番があるのです。
 最新作のシャドーボックス(絵が立体)にはガラスエッチングなど取り入れる積りです。ガラスもオリジナルなのでこれ使って切りました。外で行うエッジのグラインダーかけは蚊のいない時にしましょうか。
ガラスをまっすぐ切る道具

手作りの定規つき台、ガラスカッター、切った透明ガラスです。

 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。
皆様のおかげで本日も習い事部門1位です。またじき5000人めのお客様を迎えようとしています。ありがとうございます。拙いブログですがこれからも応援宜しくお願いします。
ばらのおやすみライト
 ステンドグラスを習い始めて2作めがこのお休みライトです。

 薔薇の図案なので中央上をやや暗め(濃いめ)になるようピンクのガラスを切りました。葉に少し角度をつけてハンダづけしています。

 ガラスは日中の色と光を通した時の色が大幅に変わるので、できればどちらの時も良い配色になるようガラスを選びたいものです。
 
 アメリカではちょっと良い家だとよく玄関ドアにステンドグラスがはめ込まれています。多くは透明のカットガラスなどです。ピンポン押す前に私はしばし眺めたものです。(教育テレビ(火)夜「フルハウス」というドラマの再放送でもそれを見ることができます。)
 色ガラスもきれいですが透明のカットガラスも飽きがこなくて素敵だと思います。

 憧れていたので新築の際ドアのステンドを検討しましたがこのあたりは準防火地域なのでできませんでした。
 それで最終的に60cm角室内のパネルを作ったいきさつがあります。
ステンドグラス薔薇のおやすみライト

 
 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。
ステンドのポプリ入れ
 このポプリ入れはステンドグラスにエッチングの技法を取り入れました。
 立体の花型になるよう6ピースをつないでいます。
上下でわざとずらし隙間から香りが洩れるつくりです。

 蓋中央のキラキラはカットガラスです。
「これ、絶対使おう!」ステンドの材料店で一目ぼれしました。

 エッチングするには透明ガラスがむきます。
下にはポプリが入るのでその色やエッチング模様を引き立てるために敢えて白いガラスにしました。

 先日の金箔でも使いましたが四角い模様作りにテープを利用しています。

 こんな風に手作りをいろいろやっているとどこかで技法がつながることがあります。
今までの経験からアイデアが浮かぶのもおもしろいと思います。
こういう時、私の脳は少しは活性化してるんでしょうかねぇ。
ステンドグラスにエッチングを加えて


 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します
ブログももうすぐ4000人のお客様です。励みになります。

プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索