FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
1製作日記リース
5月17日からBUNKAMURAザ・ミュージアム薔薇空間、ミュージアムショップに
シャドーボックスのキット4種見本作品を3つ展示させて頂く事になり、ただ今準備しております。

公の場での販売となると自分の教室で生徒さんに材料をお渡しするのと違って「プロ」の体裁を
整えなければならず何かと鍛えられます。


さて今日からどのようにシャドーボックスを作っていったか
若干作り方のコツも織り交ぜながらご紹介する予定です。
今日は説明書の見方と準備について
DSC00232.jpg


私の切り方の説明書には必要なピースが青の輪郭線で囲まれて番号が振られています。
基本的に1ピース、1番号。若い番号順、絵柄で言えば奥から貼っていけば作品が再構成できます。

今回のリースの説明書は3回書き直しました。
はじめに手をつけたのは初島エクシブに行った時ですから随分昔の気がします。

リースは7枚使用し便宜上7枚の同じ複製画にはA、B、C、D、E、F、Gと名付けています。
Aのシートから必要なピースをカッターで抜き取り、絵全体は額の裏蓋と同じサイズの白いイラストボードなどに両面テープで貼ります。
リースはほぼ円形なので私はリース外周の輪郭線で切ったもの(中央の文字の部分も含め)を使っています。
因みに今回のリース用の額は正方形です。
リースの直径は約22センチでタッシェンの薔薇図譜(左)よりわずかに1cm位小さいです。
色はずっと綺麗です。この写真だと黄色の発色の良さが伝わるでしょうか。
今回美術館で飾られるルドゥーテの絵の複製画ですからあの絵をシャドーボックスにしたいと思った方には喜んで頂けると思います。
私自身憧れていた絵でタッシェンの画集を7冊買って切ろうかと思ったこともありました。
DSC00142.jpg


私のシャドーボックスの作り方はあまり層を重ねずに立体感を強調することが多いのですが
リースに限っては従来の手法で出来るだけ重ねています。
DSC00229.jpg

Aは土台、Cは全体像で必要な部分を抜き取ってから輪郭線で切ります。
Bも全体像ですが何も抜いたりはしません。いざとなったら予備の絵として使うことが出来ます。
私は普段できるだけ少ないカードを使って合理的に作るのですがこのリースはチープな印象になるので従来のシャドーボックスの手法で出来るだけ層で重ねています。
説明書に沿ってD、E、F、Gから必要なピースを切っていきます。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  
迷宮美術館 ルドゥーテ特集
NHKの美術番組迷宮美術館は新年度で時間が変わるそうです。

今日の夜放送するのは・・・日本とフランスの「花の名画の物語」

ルドゥーテと若冲の特集ですから皆様是非ご覧になってくださいね!
春らんまん!花の絵画展
BShi 3月31日(月) 午後7:00~7:45
地上派の再放送は日曜の昼2時過ぎにあります。
P7200411.jpg

<本日の特別展>  お江戸の豪華花対決!抱一 VS 若冲
<迷宮伝説> 一輪の花の命を描きたい ~バラの画家・ルドゥーテ~P7200410.jpg


↓以下は番組のお知らせからの抜粋です。

18世紀から19世紀、革命が続く激動のフランスで、パリ中の高貴な女性を魅了したのが
画家・ルドゥーテである。
彼の人生を劇的に変えたのは、ナポレオン妃・ジョセフィーヌとの出会いだった。
ナポレオンとの離婚を前に、ジョセフィーヌは宮殿の庭で新種のバラ作りに没頭する。
そのバラの1つ1つをルドゥーテは描いていった。
その「バラ図譜」は最も美しいバラ図鑑として今も絶大な人気を誇る。
そこにはジョセフィーヌに対するルドゥーテの思いも秘められている。
P7200408.jpg


↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  



ルドゥーテ漬けの日々
このところ私の生活は寝ても醒めてもルドゥーテの毎日になっております。

5月中旬から渋谷BUNKAMURAザ・ミュージアムのミュージアムショップで
シャドーボックスのキット販売が決まりました。ただ今その準備をしています。
詳細はこちらへ。
bunkamura_2008_poster_B3.jpg


キットに入れる切り方の説明書はそれぞれ3回も書き直し、
棘や水滴の1個まで懇切丁寧に番号を振りました。
番号順に貼っていけば良い仕組みです。

redoute0a.jpg

この御仁↑が件のルドゥーテさんです。

マリー・アントワネットやナポレオンの皇妃ジョセフィーヌに仕えた宮廷画家で
実はベルギー出身。来年は生誕250年なのです。

今年から3年間は250年をイヴェントで謳えますのでルドゥーテの露出は増えて
3月末から迷宮美術館、日曜美術館でも放映されるとか・・・

皆様どうぞ頭の片隅にでも置いていてください。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  
カメリア作ったどー
カメリア=椿のことですが、カメリアというと端正なブローチをイメージしますね。
椿と呼べば都はるみの「あんこ~~~椿はぁ~♪・・・歌が流れるのでカメリアと呼びましょう。

赤と白と描かれていてお目出度い絵柄です。
ルドゥーテさんは紅白を意識していなかったと思いますが・・・・

P2119535.jpg


花びらの重なりが多いので洩れなくカードからとるよう何度も確認し、
組み立てしやすく、形も安定して作れるように切り方を考えました。
穴が空いたピースはメンディングテープで塞ぎます。ボンドが乗せやすくなるからです。

↓カメリア2個なんとか組み立てました。
P2149544.jpg

次はパンジーの番です。後姿も描かれてます。どうなってるか本物を調べて見ないと・・・

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  

カメリアのブーケ組み立て方
パーツで作った花などを組み立てる時は一気にやります。

シャドーボックスはへらで丸みを付けるので組み立てたパーツは下絵より全て少しだけ小さくなります。
ですから必ず平面の下絵とは「ずれる」のです。

ずれが目立たぬように調整するため、重なり合いが多い今回の絵などは特に用心します。
予めパーツで組み立てる際も下に絵を置いてズレが最小限になるよう確認します。

絵を制作に使用すると確認が出来なくなるので
限られた枚数の絵で作る場合は等倍のカラーコピーを1枚とるよう生徒さんにはお薦めしています。
P2149547.jpg


写真は持ち上げるためにスティロールのチップを置いたところです。
切ってない絵柄(カラーコピー)を良く見てイメージをつかみ高さの配分などを考えます。

この後貼る前にパーツを置いて高さを確認します。
予想した欲しい高さより低めのスティロールを選ぶのがコツです。
残りの数ミリははシリコンボンドで高さ、角度、ズレに注意して組み立てます。
貼る時にはパーツの位置や順番を確かめて並べ、一気に作業します。
シリコンも奥からどんどん置いていきピンセットに持ち替えて乗せます。
自然な立体感が出せるように貼っていければ成功だと思っています。

ズレの調整には私にも方針があります。これは教室によって様々違うようです。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  


プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索