FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
数字の表現
お知らせ
ミイラ男の額のご要望を頂いて探ししましたが
前回のお値段ではご提供できない事がわかりました。
今期は終了とさせて頂きたくお願い申し上げます。
カード額ともに水ものでしてご要望に応えられず申し訳ありません。

試作の続き
rissilk s

先日切った木のリスは茶系のtildaの紙に秋のバラをシルクスクリーンで入れてみました。
こんなの発見☆ リスちゃんをくすの木で作れば良かったかな。(笑)


クリスマスのアドベントカレンダーには

1日~24日または25日までの数字が表示されて

多くはめくっていく形式です。

そのイメージを額作品で表現する場合

さてはて日付のナンバーをどうしたものか。

方法としては
スタンプを押す。
シールを貼る。
数字を切り抜いて貼る。
数字を切り抜く。
異素材で組み立てる(例えば小さなビーズを並べる)他

色々考えられてそれをみんな取り入れても構わないわけですが
中の作品自体バリエーションが多い為
数字は統一感を持たせようかと思いました。

今回は「光りもの」がもう一つのテーマでして
それは印刷されたプリントを利用する通常のシャドーボックス作品では
やや少ない表現だからです。

number silk

パールの紙にパールのインクで文字を作る。
結局私の中の最新テクニックの採用となりそうです。
とりあえずシルクスクリーンでピンクの数字を生産しました。
ラブリーでしょう?
はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

ロゼットを重ねて
ロゼットというのは蛇腹で円形になった物です。

長方形の紙を蛇腹に折る道具を私は購入したので作るのが簡単になりましたが
リボンで作ったり、マスキングテープを利用して畳む方法もあります。
DSC03059.jpg
写真の背景、縦筋の付いたボードがその道具です。
溝が等間隔に入っているので定規がなくても折り筋を
付ける事ができます。

メダル風の物や室内装飾用に作り方を覚えておくと楽しいかもしれません。

今回はロゼットを重ねて上にスノーマンを乗せています。
実は横文字の新聞の紙をどこかに使いたかったのです。

ちょっとピエロ風のスノーマン、自分で絵を作るので透ける紙等も使いました。

tildaのイメージだとどうしてもピンクが入ります。(笑)

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

光沢とシャドーボックスの関係
シャドーボックスの仕上げに光沢を付ける理由は

紙に見えない陶器のような味わいを出すとか
光で褪せないように保護の意味合いの他
私はより「紙片の丸みを感じられる効果」を狙ってのことだと思っています。

光沢があると例えば視点を左右にずらして作品を見ると
紙片の光った場所が複雑に動くので丸みがさらに感じられます。

ですから通常は正面から見る平面の絵の鑑賞法と違って
シャドーボックスの展示会では皆さん見方が変わりますね。
大抵観ながら頭が左右に動きます。

作っている方は特に近づいていろんな角度からご覧になるので
すぐに愛好者だと分かる程です。(笑)


さて通常の印刷の紙の場合箔印刷は割合珍しいです。
今回取り組んでいるクリスマス作品のように
自分で絵を創り出す場合私は光る紙、光沢がある紙を使うのが好きです。
こちらは銀の紙を素材にして柊のフレーム制作中。(裏面)
DSC02996.jpg

金 銀 パールの紙等を駆使して雪の表現等しています。
また透ける紙も今までのシャドーボックスでは殆ど使われていない紙でしょう。
DSC02997.jpg

3Dに表現する為まずは同じものを2枚用意しています。左が裏で右が表。
抜いた直後はカッターの切り口が反り返っています。


光る紙は丸みを付けると劇的に変わる感じがして
「丸みの付け甲斐がある」と思うのです。
写真でそれがお伝え出来たでしょうか?
DSC02998.jpg

周囲は黒で光沢のある紙を使い、柊の形を適当に抜きました。
対比させたくなって敢えて丸みを付けていません。

銀の柊フレームの下には透ける緑の紙を貼りました。
中に灯りが入れられたら面白いと思っています。

円形の中にはクリスマスに因んだ絵柄が入ります。


この後柊の実に赤いビーズ等も付けました。
光りもの・・・・大好きなんですよね。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

ポップアップカード×シャドーボックス
飛び出す絵本やポップアップカードには
またシャドーボックスと違う仕組みがあって以前から
興味がありました。

切り絵を見たら部分的に立体にしたくなり
ポップアップカードを見たら立ちあがる技法を取り入れたくなり
全くもって私は紙の反立体と立体の造形がどれだけ好きなのかと思います。

DSC02999.jpg

今回のテーマはクリスマスの中でも定番の
「キリストの生誕 三賢者」

馬小屋の部分のポップアップを
どうしても作りたくなりました。
額の窓の大きさに合わせて立ちあげました。
切り込みと山折谷折で屋根と柱が起きてきます。
DSC03000.jpg
立体になると複雑で色々調整が必要で
穴の補強と柱の裏に1㎜のスチロールを貼る等補強も必須。
でも本当に面白いです。

今後ピースを浮かす際にこの立ち上げ方も取り入れられそうでした。

正面側はシャドーボックスの手法で重ねています。
キリスト様と三賢者はどうなる事やら・・・


はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

試作の日々
DSC02988.jpg
京王プラザ展向けに構想が固まり制作中です。

今回は今までのシャドーボックス
=印刷された複数の柄を重ねて3Dにするほか

文字やリボン他欲しい絵を図案を起こして作ったり
ペーパークラフトの立体表現の手法を様々に取り入れています。

ポップアップカードや切り絵 等

例えば右のトナカイは切り絵の図案を重ねて
私なりに3Dにしたものです。

大半はtildaの紙を使っていますが
他に雪のイメージのある光沢のある紙を多く使っています。
またビーズ、リボン、スタッズ等異素材もやりすぎないように
加えていきたいと思っています。

技法としてはスタンプ、クラフトパンチ、シール、シルクスクリーン等

アイデアはいろいろあるのですが24個を
一つの作品として調和させていきたいですので
全体のバランスを取ることが課題です。

さてはてどうなる事やら・・・・きりが無いように思いますが
1日1日少しずつ終わらせて秋には完成させたいです。


プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索