FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
作品の仕立ての違い
今日ご紹介するのは以前からある定番の絵ですが仕立ての違いをご覧になって下さい。

↓シャドーボックスは奥行きのある額に収めるのが一般的です。
絵柄の大きさや色調に合わせてフレームを選びます。この絵は4×5インチサイズで規格の額があります。
透明感のある緑の額に入れました。爽やかな印象ですね。
PICT3070.jpg

↓マットのない生徒さんお持込み額(黄緑色)に合わせて楕円に紙を抜きました。
この紙はスクラップブッキングの素材で私のお気に入りです。
こんな風にマット部分を下にセットして絵を引き立てることもあります。
P5200200.jpg
絵は同じシリーズの柄違い。樹脂仕上げの場合は作品をあまり浮かさないで作ります。
トールペインティング用白木素材をアクリルペイントで好みの色に塗ります。
2液性のエポキシ樹脂をかけて2日乾燥させるとニスでは得られない光沢がつきます。
コピー ~ PICT0741

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  
関連記事

この記事に対するコメント

渋くなったり、かわいくなったり、おもしろいね~

イラストもデザイナーさんの扱い方によって生きたり、死んだりします。
【2008/06/13 16:57】 URL | hiromi #- [ 編集]


「仕立て」これがほんとに、楽しいけど悩みだ~!
額の大きさ色、マットの色カット、白木の形、配色・・・
みんな違ってみんないい!だといいのだけど、そうはいかないわけで・・・
こちらのフル-ツは、みんな違ってみんないい!素敵~!
樹脂加工のベルが昨日完成!!パッと見、かわゆくできてよかったです♪ジックリ見ると・・・汗)



【2008/06/14 04:34】 URL | kon #- [ 編集]


 この絵は 一番の額の仕上げが 好みです。濃いグリーンと白の 色が いいですね。
【2008/06/14 13:15】 URL | 小紋 #- [ 編集]


hiromi ちゃんへ
絵が同じでもいろんな工夫が出来るのは面白いです。だから飽きずに続けられるのかもと思います。
デザインって大事だよね。センスってどうやって磨かれるのかと思います。

konちゃんへ
今日記見てきたよ。充実してましたねー。お疲れは取れましたか?
ベルの作品も見せてねー。色選びとか相談に乗りますよ。

小紋様
ありがとうございます。緑のは爽やかでどなたにも好まれる仕立てです。
葉書くらいの大きさの作品なんですよ。
【2008/06/15 00:51】 URL | kazumi #- [ 編集]


大変ご無沙汰でした。

マットやフレームで同じ作品でも随分印象が変わるし、自分好みに出来るのが嬉しいですね。
スクラップ素材の楕円の仕立てはとっても素敵。私も好み!で~す。
今度素敵な紙が見つかったら、オーバルカットしてみます。
【2008/06/15 01:10】 URL | Hiro #- [ 編集]


こんにちは。その節は有難うございました。14日にやっと薔薇空間に行くことが出来てkazumi先生の作品もしっかり見てまいりました。この度は本当におめでとうございました。私のブログにkazumi先生のサイトで薔薇空間のことを知ったことをリンク付きで載せております。事後報告でごめんなさい。
作品、本当に素敵でした。相当な時間がかかっているのでしょうね。これからも楽しみに見させていただきます。
【2008/06/15 02:20】 URL | Megu #5Bglkylo [ 編集]


Hiro様
お久しぶりです。アメリカには様々なマット素材や紙があって羨ましいです。
楕円マニアですか?握手!!滑らかなラインって惹かれますよね♪

Megu様
お忙しい中薔薇空間にお運びいただきありがとうございました。
おかげ様で反響があり一ヶ月の会期を終えてほっとしています。
ルドゥーテの絵は本当に素晴らしくそれに関われたことを幸せに感じています。
リンクもどうもありがとうございました。

【2008/06/15 21:55】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/968-a9db09de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索