FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
6製作日記 リース 艶について
全体が再構成できたら艶をつけます。
この段階で額の台紙中央にAの全体像を貼っていますがまだ作品は固定していません。
DSC00227.jpg


Bを7mm厚のスティロールで浮かしさらに7mmを挟んでCを重ねその上に作品を再構成しています。
DSC00228.jpg

艶出し剤は土台の余白にはかけたくありませんし、
万一花芯のパーツをなくしたらフォローできるなど
作品を土台に貼るのは作品の総仕上げをしてからです。

今回の複製画はインクに特徴があるので普段お使いのスプレーニスをかける前に
必ず不要になった絵の切れ端にかけて滲んだりしみたりしないかお試しください。
しみる場合は定着液フィキサチフを予めかける方法も良いでしょう。
これもメーカーによって特徴がありますからくれぐれもいきなり作品にかけたりせず実験してみてください。

私は今回塗るタイプの艶出し剤を使っています。
私は陶器のように仕上げるのが好みなのですが作品に光沢をつけるつけないは自由です。

お店にあるシャドーボックスの作品見本は艶のないことが多いですが写真の撮影が難しくなりますし、ニスによる様々な失敗のリスクを避けるためかもしれないと私は思っています。

ニスによる失敗は掛け過ぎによる滲みや溜り、吹きかけた際できる細かな泡、
湿度の高い時に行ってできる白い曇り、皮脂やシリコンが付いてぽっかり艶が付かないこと
乾燥するまでに埃除けをせず塵や埃で汚れるなどがあるでしょう。

せっかくの作品が美しく仕上がるように焦らず良い天気の日を待ってじっくり取り組みたいものです。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  

関連記事

この記事に対するコメント

はやく晴れになってほしいね~。低気圧のせいか頭いたいよ~。
りっぱな出来上がりになりますよぅに。
【2008/04/17 08:11】 URL | なすみみ #- [ 編集]


塗りは難しい・・・・。
【2008/04/17 09:37】 URL | ひげ #- [ 編集]


ここまで読んだところで、1回目に戻って読み返しました。
う~~~~ん、遠き道のりだあ~

でも、時間がかかると、その分愛情がわいていいかもしれませんね。
すごくわかりやすかったです。
この次は額装かしら?楽しみにしてます!
【2008/04/17 10:09】 URL | hiromi #- [ 編集]


体験シャドーボックス際はスプレーは先生が掛けてくださいましたので、いい頃合いというのが難しいのですね。
次は、ムービーで・・・
私もやってみたいけど、できるようになったら教えてね。
【2008/04/17 20:09】 URL | すずめ #KLtzAfy. [ 編集]


振り出しに戻ってみてきたよ~
細かい作業はいつまでもつづくのですね
根気よく、焦らずが
一番の近道でしょうか。
【2008/04/17 20:26】 URL | parko #- [ 編集]


スプレーがけの失敗はすごく悲しいです。
一生懸命作った作品が最後の最後で・・・  ぐあ~っ
教室でKazumiさんのご紹介くださった↑失敗はすべて見てきました。
で、そのたびに先生が苦労して見栄えよくなるよう直してました。
やはり一番の敵は雨(の日)。
できればやりたくないけれど今日はどうしてもクラス中に
額入れしたかったので細心の注意を払って一作品スプレーがけしました。
【2008/04/17 21:32】 URL | Mika #n5MSuuOw [ 編集]


なすみみちゃんへ
やっぱり天気は悪くなり夜中は大雨です。
お陰様で作品は無事出来ました。今はキットの印刷の準備をしています。

ひげさん
何を想像しておっしゃってるのか・・・ペンキ塗りならまかせろー!ですよ。
アパート経営していた親の手伝いで部屋が空くと塗ってましたから。
ご用命とあれば飛んで行きたいです。

hiromiちゃんへ
マニアックな記事によくお付き合い下さいました。
作らない人には関係ないと思いつつ公開している人も少ないので普及活動してみました。
額装のことも書くか・・・

すずめちゃんへ
講習して生徒にニス掛けさせる先生もいらっしゃいますが、心配する生徒さんが多いので私も大体預かって仕上げます。たまに私が早死にしたらニスを嗅いだせいだと思うことあるわ(笑)

parkoちゃんへ
手作りする人ならお分かりでしょう。
自分がやったそのままが形に残るので手抜きは出来ないのです。
面倒くさいことを敢えてやってるのよね。綺麗な物を作りたいから。

Mikaさんへ
そのぐぁ~っを最近経験しましたよ。めげますなー。作り直したけど・・・。
リベンジしか立ち直る道はありません(笑)ど根性!
湿度を抑えるのはかなり難しいでしょう。霧雨は最悪。
お互い苦労しますねー。
【2008/04/18 01:33】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/916-adbd39ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索