FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
故郷
とある薔薇園にはルドゥーテコーナーがあるんですよ。
DSC00258.jpg

と言っても今はまだこんな有様でやっと若い葉が出てきたところです。(4月13日)
DSC00262.jpg

DSC00253.jpg


ここは夫の郷里、千葉県佐倉市です。市民の憩いの場、草ぶえの丘にバラ園が出来て3年目です。
DSC00263.jpg

元々はNPO団体「バラ文化研究所」が平成8年にオープンした「ローズガーデンアルバ」の
バラ苗800種、1800株を佐倉市に寄贈、移植したのです。
ミスターローズと呼ばれたバラのブリーダー鈴木省三氏から譲り受けた200種のバラやオールドローズが主体です。
植栽や東屋アーチなどガーデンデザインにはこだわりが見られます。
年間のべ3000人のボランティアの方々により手入れされています。
化学農薬を使わずに素晴らしい薔薇を咲かせることを(法事の時に)伺い感激しました。
実はバラ文化研究所の理事の前原氏は親戚なんです。
副理事はバラの本を多く執筆されている野村和子氏です。
野村氏はBUNKAMURA薔薇空間の監修もされていて何かとご縁を感じています。
バラの見頃は5月中旬から約1ヶ月です。週末には3000人くらいいらっしゃるとか・・・。
皆様も是非お出掛けください。私もルドゥーテ縁のバラが咲く姿を是非この目で見たいと思っています。

唐突ですが下はオランダの風車です。
DSC00270.jpg

オランダ製の風車ですが回っているのは印旛沼のほとりでチューリップまつりが本日4月16日から20日まで開催されます。
既に一面のチューリップが見事に咲きそろっていました。
先月は近所にスターバックスのドライブスルーの店もできて案外足立の我が家より良い環境かも・・・(笑)

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  
関連記事

この記事に対するコメント

kazumiさん おはようございます。

花はよかねぇ・・・・おっちゃんのブログにもそろそろ花が欲しい。

【2008/04/16 05:43】 URL | ひげ #- [ 編集]


kazumi先生、お早うございます。こちらには、小さなバラ園しか、ありませんが、それでも、バラ園に入ると優雅な気分になれます。
風車とチューリップの印旛沼へ行ってみたいです。印旛栄町には、弟がいるのです。
【2008/04/16 08:14】 URL | 権兵衛 #- [ 編集]


風車の姿をみて、ここはオランダです!の写真かと思いました。
思いもかけないところにオランダ風景があるんだ。

春爛漫。
今日は初夏の日差しだそうな。
【2008/04/16 11:42】 URL | 葉摘み #- [ 編集]


ひげさんへ
ジューンブライドはヨーロッパの気候が最も花がいっせいに咲いて良い時期だからと聞いた事があります。北海道も緯度がヨーロッパ並みなので6月が素敵でしょうか。桜前線は北上中ですよ!

権兵衛様
私は倉敷のチボリー公園に一度行ってみたいです。
弟さんがこちらにお住まいですか。すぐそばの安食(あじき)に夫の叔母さんが住んでます。
城跡には国立歴史民族博物館等もあって佐倉は良い所です。

葉摘みちゃんへ
行った日はあいにくのお天気でしたがけっこう賑わってました。
車がないと行けないのがたまに傷でしょうか。
忙しくても春は思い切り味わいたいですね。
【2008/04/16 12:39】 URL | kazumi #- [ 編集]


色のジュウタンですね。心ウキウキ・・・♪
私は食い気で、山で採れた筍の土佐煮にハラぐぅぐぅ・・・
【2008/04/16 17:24】 URL | すずめ #KLtzAfy. [ 編集]


 バラを見に 佐倉に行く日も近い? のを、楽しみにしておきます。すばらしいでしょうね。
 風車を見に かの国に行きたいです。
【2008/04/16 19:35】 URL | 小紋 #- [ 編集]


すずめちゃんへ
気をつけているとお花の名所ってあちこっちにあるんですね。
そういうところで美味しいものを頂くのがまた格別です。

小紋様
ゴールデンウィークはまだはしりの一重の薔薇しか咲かないので薔薇のご機嫌を伺いながら
今年は是非5月中旬に行こうと思います。
かの国にも・・・母にヨーロッパに連れて行けと言われてます。6月はケアンズに母がついてきます。
【2008/04/17 08:39】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/914-af847d5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索