FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
蒔絵 千鳥模様
蒔絵教室で私が今描いているのは千鳥の模様です。

ツタ、菊、枝垂桜、秋草、兎と月、七宝繋ぎ紋と描いてきて鳥にしたのでした。
「花鳥風月」って言うでしょう?

まだまだ初心者ですから蒔絵では旧きを訪ねて良い図案を探し、真似をする感じで取り組んでいます。

↓今回はちょっと家紋のようなイメージの図案にしました。
波間に千鳥が3羽飛んでます。
銀の粉でどこを膨らませようか、線でどの部分を表現しようか・・・
最初に先生に伺って描く手順を考えます。
波に螺鈿を散らしたかったので最初にその作業をしました。
螺鈿は自分で青貝から釘を使って丸い形(直径2~3㎜)を抜いて貼ります。
12月にそれを散らして漆を塗り銀を蒔きました。その後先生が生漆を数回塗って下さってます。
P1259497.jpg

↓紙やすりで丹念に磨くと薄茶色の部分が光っていきます。
千鳥の図案をまた転写して漆で輪郭線を描きました。
板の大きさは葉書より少し大きいくらいです。
P1259498.jpg

↓内側に漆を均一に塗り、銀の粉を蒔いて余分を払ったところ。湿気の多い所において固めます。
P1259499.jpg

先生は今年もテーブルウェアフェスティバル(今週末より)にお父様と蒔絵の作品を販売するそうです。
行かれる方は骨董通りの蒔絵のブースお立ち寄りくださいね。目の保養になりますから。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  
関連記事

この記事に対するコメント

kazumiさんおはようございます。

似合います。

こんな落ち着いた模様・・・素敵ですよ・・・・。
【2008/01/31 09:02】 URL | ひげ #- [ 編集]


「波に千鳥」という昔からの取り合わせなので、かえって構図がむずかしい。
図案化された形も決まっているようなものなので、配置でセンスが問われます。

さすが、シャドーボックスで鍛えてあるだけあった、洋間にも合う「和」ですね。
すばらしいです。仕上がりが楽しみ~!
螺鈿もいい感じ☆

ほんまに上手にならはって~。(涙
【2008/01/31 12:15】 URL | 葉摘み #- [ 編集]


おぉっ!!何だかカッコイイ!!

すごくシックで、なおかつシルバーが輝いて見える
上手だね~
【2008/01/31 15:57】 URL | やちまる #- [ 編集]

渋みのある花鳥風月
渋い花鳥風月の世界、いいですねえ。
蒔絵はいろいろな過程を丹念に
精を込めて作り上げていくのですね。完成品が楽しみです。
テーブルウエアフェステバスは
東京ドームで開かれる規模の
大きいイベントなのですね。
【2008/01/31 21:58】 URL | 権兵衛 #- [ 編集]


きれいです。
ほおおおおぉおお。
【2008/02/01 00:29】 URL | pira #- [ 編集]


ひげさんへ
千鳥のふっくら感が作者に段々似てきております。やば・・・・

葉摘みちゃんへ
目の肥えてる方に褒めてもらって良い気になりそうですよ。
どうもありがとう。次回は鳥を磨いた後、目や波のラインを入れると思います。

やちまるさんへ
上手い?やちまるさんもね。お互い削ったり磨いたり忙しいですね。
50円の見通しの良い男さん。
1月は無事に乗り切ったかなぁ。光る箱作りで散財させちゃったね。

権兵衛様
蒔絵は手間がかかると同時に非常に合理的に作る部分があって面白いです。
筆はたった3本で終わります。数千年の歴史があるので作り手の英知の結集なんでしょう。
大きいイヴェントですが今年は行く予定ないのです。券もらえなくて・・・。

piraちゃんへ
ベースも段々艶が出てきてるでしょ?
ほーら、ますますやってみたくなってきたぁ~
でしょ?先生が「いつでもお待ちしていますよ」と仰ってます。楽しいよー。
【2008/02/01 01:02】 URL | kazumi #- [ 編集]


青い貝の螺鈿が美しい。。
シンプルな図案に華やかさがでますね。

ココにさらに線が加わるの?
わあ。。完成が楽しみです。
【2008/02/02 00:02】 URL | hiromi #- [ 編集]


hiromiちゃんへ
波の線は間隔を均等にとるのと流麗さが要求されるそうで今まで描かせて貰えなかったの。
どうなることやら・・・無謀な挑戦かも。
【2008/02/02 21:39】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/862-e3bcb4f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索