FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
ポチ袋
 この秋は御縁があって近くの中学で手芸講師のヴォランティアをしました。予算と時間の制約があり、ペーパークラフト繋がりで、ポチ袋、箸袋、菓子器を計5種お教えしました。
 私は主婦でもあるので実用的に生活を彩る物も大好きなのです。
皆さん楽しく作って下さり、役にたったようで嬉しかったです。
 
 予め作り方を調べて人知れず膨大な折り紙の試作をしました。
 教わる皆さんにとって新しい発見があり、簡単でなおかつ美しく、お正月に使えるよう、数点に絞りました。
 せっかくなので私は自分の教室の生徒さんたちへプレゼントする事に決めました。
作り方のコピーも添えてね。
山ほど折る私に「お母さん好きだねぇ。」と娘。

 犬張子の千代紙は銀座鳩居堂、箸袋の鶴や花の和紙は浅草橋のシモジマでもとめました。
箸袋はてんぷら用の紙や半紙でも代用できます。また和風のランチョンマットやA4の金銀入ったきれいな紙が100円ショップで見つかることもあります。薄めの紙が向きます。

 鶴のモチーフのポチ袋はよくできていて造形も面白いし、後ろで差しこんで止められるのです。先人の知恵に感心させられました。作り方はこちら

 作る際私は定規とスタイラス(鉄筆みたいで先が丸くなったよくトールで使う道具)を駆使して予め折り線をつけてから折ります。それは早くきれいに折れますよ。気持ち良い位に。
 あともう一つ。特大サイズの1cm方眼線入りカッター台の上で作業します。計るとき楽です。

PICT1470.jpg
他のポチ袋を見たい方は左のカテゴリーからどうぞ。
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/8-996cbaf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索