FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
国宝 鳥獣戯画
PB160509.jpg


誰もが知ってる鳥獣戯画。
あの擬人化された動物のユーモラスな巻物です。
サントリー美術館で特集し、本物が展示されています。

最も有名な兎や猿のは4巻のうちの甲。
右から左に見ていくとこまのない漫画のように描かれてるそうです。
例えば相撲して取り組んだ。その次投げ飛ばされたなど時間の経過でシーンが描かれていてそれを異時同図法と呼ぶとか。
そしてシーンの変わり目に遠くの景色、近景の草が挟まるのがお約束。

乙は動物の巻。
馬、牛、鷹、犬、雄鶏、一角獣、麒麟、豹、山羊、虎、獅子、龍、象と並び最後は夢を食べる獏です。

丙は人間と動物が登場し、双六、将棋、ひっぱりあい、にらめっこ、腰引き、などして遊んでます。

丁は人物ばかりが描かれてます。それぞれ時代も違うし描いた人も違うと言われています。

他に模写した物、影響を受けた作品、最初はどんな風に繋がっていたかの推理と多角的に見せてくれます。

模写を見るとオリジナルの素晴らしさが良く分ります。
動物たちの生き生きとした表情、さらっと簡単に遊び心いっぱいで描いてるのが伝わってきます。
でも線は確かで墨色の濃淡やかすれにも味があります。
平安時代の人々の豊かな心持を感じるのでした。
PB160510.jpg

↑ミッドタウンのシックなクリスマス。黒い背景に番傘など日本の雅な物が集まってツリーを形どっています。
ミッドタウンの和紙の内装が素敵だと思っていたら堀木エリ子さんによるものでした。
PB160511.jpg

屋外にはこんなブルーのツリーも。夜は光るそうな・・。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m
関連記事

この記事に対するコメント

誰もがしってる・・・


しりませんでした~。
有名なの~~?

美術館とかいいてないなぁ~。
最後は・・・たしか仕事でいった
平和記念館・・。
【2007/11/18 07:40】 URL | なすみみ #- [ 編集]


丁・・・まであるんですか。

人間とて動物ですもんね。
いつか見てみたい・・・・。

最近、こんなぼやきが多いなぁ・・・。
【2007/11/18 08:03】 URL | ひげ #- [ 編集]


昨日テレビで特集をやっていたのを見ましたよ。ジブリの人が解説してくれてました。面白いね。何百年も昔の人の漫画だもんね。
【2007/11/18 10:06】 URL | pira #- [ 編集]


鳥獣戯画、ユーモラスでいいですね。本で見たことはあるのですが、実物はありません。
甲乙丙丁は、権兵衛の父親時代の、通知表(簿)のランクでした。kazumi先生は、甲ばかり
でしょうね。
サントリー美術館の場所、ここには以前、防衛庁がありましたね。その当時、行ったことが、あります。守屋前政務次官に会いに行ったのでは、ありませんよ。
【2007/11/18 18:02】 URL | 権兵衛 #- [ 編集]


これは面白そうですね
もう少しすると幼稚園も昼帰りになってしまうので
早く出かけなきゃ~
【2007/11/18 22:57】 URL | parko #- [ 編集]


なすみみちゃんへ
知らない人もいました。ごめんね。若い人は馴染みがないかな。
蒔絵の先生はこれのミニ巻物お持ちです。ミュージアムショップで買ったとか。私は今回スタンプ買いました。

ひげさんへ
甲巻が有名で楽しいです。
本物の野生の動物を一番見られるのはひげさんです。母はアフリカの野生の動物の美しさに感動してました。筋肉が締まってるって。

piraちゃんへ
その解説見たかったな。
動物の表情も豊かだけど波や秋草の描き方も相当巧みでした。

権兵衛様
夫の母は女学校で「全甲」だったと自慢してました。私の父は志願兵で戦争に行き「丙種合格」だったような。私は入学時3ばかりで「普通」と喜ぶ子でした。

parkoちゃんへ
見応えで言うならこれより徳川のお姫様のお宝をお薦めします。
でもミッドタウンのウィンドウショッピングは楽しいかも。私はアロマオイル・竹の匂いだけ買いました。
【2007/11/19 00:22】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/799-7a9f0100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索