FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
凝ったナプキンの折り方。使い方
PB140498.jpg

↑記事とは関係なく生徒の大嶋さんの作品です。クマさんが折り紙の兜かぶってます。

ちょっと高級なレストランなどでナプキンが素敵に折られているのをたまに見ます。
誰が考えたか知りませんが人が形に思いを託すのは万国共通でしょうか。
こんなサイトを見つけました。日本語だとこちら。折り紙に似ていて私は興味が沸きます。
ホテルで働く娘2号よ、折れるようになったかね?

↓お客さんとしての私たちに関係がありそうなナプキンの使い方について調べてみました。

膝にかけるタイミングは正式の会食の場合はホステスが掛けてから。
お食事の際はナプキンが必要になった時でメニューをオーダーしてから。着席してすぐでも、パンが配られてからでも良いそうですが、坐ってすぐさまだと「食べる気満々」みたいでしょうか。(笑)

ナプキンは、1/2か1/3に折って、折り目を手前にして自分の使いやすいように膝の上に置きます。三角形に折って、端をお尻の下に敷くのも落ちない利点があります。

ナプキンの使用目的は、手を拭く、口をおさえることです。
口に付いた汚れはナプキンの端、内側を使ってとるのがスマートでしょう。
その場合も三角だと拭きやすいですね。

グラスについた口紅は、ナプキンで拭き取るのではなく、
手で拭き取ってから、指先をナプキンで拭くのが正解だとか。
それ以前に口紅はメイクの時に余分をティッシュオフしておくのも大事ですね。

食べ終わった時はきちんと畳むのは欧米では不満の意味があるので
使ったことが分るように軽く畳んでテーブルの上に置きます。

ナプキン使うようなレストラン、クリスマスまでに行けるのかしら?パパ連れて行ってぇ~
PB140497.jpg



↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m
関連記事

この記事に対するコメント

扇とバラは見ますね
鶴はなんとも日本的!披露宴で出会いそう~

おいしくいただいたときは、食後ナプキンをきれいにたたまないということ、以前から夫が子どもたちに教えていました
あるとき、隣のお客さんがきちんとたたんで席を立ちましたら
「あれって、もうこのお店にはきませんよ~ってことだよね」とももすけの声が響き・・・
となりのお客さんは意味分からず?お店の方は笑ってました。
【2007/11/20 00:24】 URL | parko #- [ 編集]


ナイフにフォークにスプーン・・・。

あかん・・・どっちがどっちや・・・
こんな人・・・よう連れて歩かんわ・・・・。笑)
【2007/11/20 06:03】 URL | ひげ #- [ 編集]


 ナプキンを使う お食事所は 緊張しますが それがまた面白い。今日はインド人のカレーやさんに行って とてもおいしかったです。特にナンが、紙ナプキンですが 何か?
【2007/11/20 15:38】 URL | 水戸小紋 #- [ 編集]


ナプキンの使い方、教えて
下さって、ありがとう。

でも、たぶん、ナプキン使わないでしょう。 
【2007/11/20 20:36】 URL | 権兵衛 #- [ 編集]


parkoちゃんへ
お子様方はもう既にテーブルマナーはばっちりですね。
私自身自信がありませんが娘たちにちゃんとしたお店で食べる経験をさせたほうが良いかもと思います。慣れですからね。

ひげさんへ
高校の時付き合った男の子は初デートでご飯をフォークの背中に乗せて食べていてびっくり!今は流行らないですけどね。
レストイランで「お箸を出して下さい」言っても良いのですよ。

水戸小紋様
ナンですか。あれはなんとも言えず美味しいですよね。(笑)
インド式に手で食べるのは無理なんです。←しつこい?

権兵衛様
ナプキンを折れとは言ってませんのよ。
たまには奥様とそんなお店でお食事は如何ですか?気分が変わりますよ。
【2007/11/21 01:00】 URL | kazumi #- [ 編集]


 どうしても書きたい誘惑に まけました。そうなんですか。
【2007/11/21 21:09】 URL | 水戸小紋 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/736-bef4b2d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索