FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
 蝶の文様
P7030361.jpg


伝統工芸にめざめて私は最近日本の文様に興味しんしんです。
今日のテーマは蝶々。
蝶は長じる。丁(偶数)という音に通じて縁起が宜しいそうです。
言い換えると「長生き」と「ペア」ですね。
それで婚礼の衣装として赤と青の蝶々が描かれたりしています。
先日行ったサントリー美術館でそういう展示がありました。
現代でも女性的な文様として使われますね。森英恵さんやアナスイなどでもお馴染みです。

はかなくて美しいもの。そのイメージは洋の東西を問わずのようです。
ルネッサンス後期以後オランダ等の精緻な静物画ではよくぶどうや花や虫が描かれていますが直接的な宗教画の代わりに静物画を描いた時代があったそうです。実は寓意画だったんです。
白百合はマリア、ぶどうはキリスト、貝殻は死と永遠、天道虫は天上界、そして蝶は現世のはかなさをあらわしているとか。(以上荒俣宏氏 「しるしの百科」より)
ある意味お約束表現なのでそれを知って鑑賞するのと知らないで観るのとでは味わい方が変わるなぁ。と思うのでした。
追記 女紋は関東ではなじみがありませんが水戸小紋様のおかげで様子がわかりました。蝶の紋がポピュラーでした。
20070622003103.gif



↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m
関連記事

この記事に対するコメント

 デザインとして完成された紋帳は私の大好きな本で、古いものを大切にもっています。
 自分の女紋でもあるので蝶は目にする機会がおおいです。
 寓意としてみる西洋の表現もまた、興味尽きないすばらしいものですね。
【2007/07/12 05:58】 URL | 水戸小紋 #- [ 編集]


2年前くらいからなぜかチョウチョウの形やグッズが大好きになったなすみみ。そんな意味があるのね。
尚更すきになったわ~
【2007/07/12 09:36】 URL | ナースみみ #- [ 編集]


水戸小紋さんもですかぁ!
わたしも紋帳見てると飽きません。
一つ二つ三つと蝶の数でデザインが違っていて、あの小さな丸の中に集約するところがすごいです。

おめでたい部分もあるけれど、茶道では追悼茶会などのときに蝶を使います。
「夢」という言葉もそうです。
仏教から来ていると思います。
蝶は亡くなった方の化身ともいわれますね。

明るい話題に水を差すようでごめんなさい。
両面を知っていると使い方を間違えないかなと思って。
【2007/07/12 10:21】 URL | 葉摘み #- [ 編集]


水戸小紋様
紋帳とは初めて知りました。本屋さんで売ってないでしょう?女紋とは嫁ぐ前の家の紋ということですか?選べないのでそれが蝶なら羨ましいです。

ナースみみちゃんへ
生徒さんで蝶の入った絵は絶対シャドーにしない人がいますが私は作ります。デザインやモチーフが面白いですよね。

葉摘みちゃんへ
水戸小紋様と葉摘みちゃんのおかげでより深く分りました。紋帳で飽きないお二人も「超貴ちょう」です。(笑)
吉祥図案であり、また裏の意味もある。ダヴィンチコードでも教授がそんな事言ってましたね。興味深いです。ありがとう。
【2007/07/12 17:28】 URL | kazumi #- [ 編集]


 本屋にありますよ。
 家の紋は 特に男の紋付につけますから 結構いかつかったりしますので、やさしい紋を女性用につけたのがはじめだったのかしら。
 実家は中陰桔梗だったので、喪服につけてきましたが、太ったので作り変えたときは、婚家の揚羽にしました。
 姑は、婚家から実家に帰ってきているので、姓はそのまま、女紋は実家に変えていました。
 昔ほど、きっちりしなくて、加賀紋のように、自分のすきなようにしても、遊んでも可なのではとおもってます。うつくしいので
紋のところだけあつめて、作品をつくりたいとも、おもっているんです。
【2007/07/12 19:37】 URL | 水戸小紋 #- [ 編集]


朝覗いた時にはなかった写真が!
美しい姿が写真に撮れたのですね!パチパチ(拍手)
私の母系の紋が「揚羽の蝶」です。紋は女系で継ぐのだと母が言って、私の喪服にも「揚羽の蝶」の紋が入っているそうです(その喪服は1度も着たことはないですけど…和装でお葬式にはでないわぁ~なんで作ったんだろう?)
でも、自分の紋「蝶」っていうのはうれしいものです。

私の好きな天道虫さんは「天上界」なのですね
あの丸っこいボディが、なんだか高貴に見えてきそう。(笑)
【2007/07/12 20:38】 URL | kana2 #9fhmHjA6 [ 編集]


ほんとだ!朝はいなかったクロアゲハ(?)☆バッチリショット☆すごい!!
私も今日キアゲハを見ました。ラッキ~☆って気分です☆
おばあちゃんがあの世へいってから、実家の母は自分の前にキアゲハが飛んでくると「かあさんだわ」って言うようになりました。
標本の蝶々はあまり好きではないけど、自然の蝶と蝶柄は好きです☆
2年くらいまえからなぜか好きになったところが、みみちゃんと一緒です。あらま☆
蝶々のお話、とても勉強になりました!


【2007/07/12 23:01】 URL | こん(ちゃん) #- [ 編集]


水戸小紋様
再度ありがとうございます。中陰の意味も初めて知りました。紋使いに遊びもありなのは嬉しいことです。

kana2ちゃんへ
この前蝶々撮れました。でも羽が寝ていて「蛾」かなとしばらく観察。黒揚羽だよね。
和の喪服はお母様の愛情ですよ。家の格とか気にする人は今でもこだわります。先日は叔父のお葬式で6人の女性が着ました。お嫁さんが2時間かけて着付けしたんですって。「おばあちゃんが皆に着せてと言ったのよ」(嫁談)天道虫はカジュアルなイメージだけど意外と高貴だったね。

こんちゃんへ
最近蝶々好きだって言ってたからちょっとこんちゃん(kana2ちゃん)も意識して書いたの。ナナフシはなかった。
本物はひくね。ブラジルのお土産の蝶ぎっしりの額とか綺麗だけど飾れないゎ。
【2007/07/13 02:51】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/616-b2217dd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索