FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
シャドーボックスの流派?
P5230284.jpg

今朝起きたら百合が5つ咲いていました。

「シャドーボックス」と一口に言っても実は重ねて見せる派と重ねない派があります。
 作品を斜めから見たときに均等に層にしてあるのが従来のシャドーボックスです。
(関口先生、澁谷先生、矢吹先生、、田中先生等)

 ABキューブの東先生、西山先生はシャドーアートと名づけて同じ絵を層に重ねない作品を作られています。木なら奥、中間、手前と分けて切って重ねます。

 それぞれの手法には実は一長一短あります。
現在は自然な立体感の表現を追求し、双方歩み寄った感じがあり、
皆さん絵によって様々に工夫していると言えるでしょう。
 私はできるだけ少ない枚数で特に絵の表面の立体感にこだわって作っています。
使う絵の枚数が少ないほど作るのに制約があり間違いは許されません。
説明書を考えるのも厳しさを増します。
例えば絵が10枚あれば先生の説明書などなくても理屈では作品ができる筈です。

 考え方の違いなのでどちらが良い悪いとかは全くありません。
4月の伊東屋ギャラリーでの作品展ではミュシャのヒアシンス姫の絵の中のタイトルを私もたくさんの層で重ねました。
例えば1輪の薔薇を表現するのであれば茎は立体感のある一本で良いと私は考えますが
リースなら重ねて奥行きを持たせ、層になっているほうがボリュームが出て良いと思います。
P5230285.jpg


 私の作品をただ単に層になっていないから安っぽいとか思わないで頂きたい。
表面の立体感のこだわりに目を向けて頂ければ幸いです。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m
関連記事

この記事に対するコメント

リース、本物かと思った(びっくり
生き生きして、美しい。。
こわいほど重なってるのも凄みがあったけど、kazimiちゃんのはやさしさ、ぬくもり、愛が溢れてて大好きだったよ!
私の大好きな長沢節先生は「ミニマム」にこだわっていました。
究極のシンプル、造形美。。
今度、ググってみてね。先生の著書も教えられる事いっぱいです。
kazumiちゃん、オリジナリティは自分の信念の賜物。。目のあるヒトは見えてます!!!
【2007/05/23 08:57】 URL | hiromi #- [ 編集]


表面の立体感で思い出したのは、
文中にもあるヒアシンス姫のドレスの質感です。
布の質感、素敵でした。
大ぶりのパーツって、ごまかしがきかなくて難しいといつも思っているので、すごく感心しちゃいました。
あと、ちょっと逸れますが、
kazumiさんの樹脂の使い方・・
私にはお手上げ(涙)です。
私は何に拘っているだろう?
強いて言えば遠近感・・かな?

ご自分で絵から起こすオリジナルのシャドーボックス、
これからの展開?を楽しみにしています。
【2007/05/23 16:18】 URL | Rika #- [ 編集]


この艶やかなピンク色はミヤビさんかな?(タキイの通販本で見てみました)
鉢植えですか?すごいすごい!!
リ-スのシャド-ボックス、憧れです☆
ほんとだ!ほんものみたい!!
【2007/05/23 19:35】 URL | こんちゃん #- [ 編集]


いつもいつも新しい作品を見せていただいてありがとうございます。
とても素敵です。
かなりの技術が必要なんでしょうね。
【2007/05/23 22:33】 URL | さゆみ #- [ 編集]


hiromiちゃんへ
褒めてくれてありがとうy。
瞬間で本物を感じ取る、見分ける力を鍛えたいものです。
長沢先生お洒落なイメージがあります。調べてみるね。

Rika さんへ
人物は手強いですね。
お褒め頂き恐縮です。
オリジナルの絵の構想は暖めていますが、キットの準備に追われています。クリアーに分る説明書作りも悩みの種です。

こんちゃんへ
秋に植えた球根(カタカナの名前)が咲きました。
リースの作品は今見ると直したい部分がありますが・・以前ホビーショーに展示しました。

さゆみさんへ
複雑に見えて誰にでも出来る作り方があります。
たかが紙、されど紙・・なんてね。
【2007/05/24 00:45】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/594-977e2a04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索