FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
茨木のり子さんの詩
「私が一番きれいだった時」という詩を聞いたことがありました。
敗戦を20歳で迎えた茨木のり子さんという詩人のものです。
調べてみると約1年前に亡くなっておられた。

その時出した死亡通知がなんだか好ましいものでした。
大変魅力的な人だったようです。

しばらく彼女のことを調べてみたいと思っています。
PICT3267.jpg

秋に蒔いたサカタのブルーフラワーミックスという種から咲きました。
謎の花です。(これはブルーですか?とサカタさんに突っ込みたい。)
どなたかご存知でないでしょうか。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m
関連記事

この記事に対するコメント

「私が一番きれいだった時という詩」
この詩。。。
娘が、某大学の受験講座に行った時、詩の朗読で読んでいました。
凄く、切ない感じがしました。
亡くなられたのですね・・・。
【2007/03/25 06:30】 URL | ちえたん #- [ 編集]


 「自分の感受性くらい自分で守れ馬鹿者よ」

 がーンときた詩です。特集を3、4日まえに読んで、どこに置いたか

 自分の本くらい整理整頓しろ
ばか者よ
 
 ようわかっとります
【2007/03/25 07:55】 URL | 水戸小紋 #- [ 編集]


茨木のり子さんですか?
私は知らなかった。
また色々調べられたら教えてください。
楽しみにしています。
【2007/03/25 21:32】 URL | さゆみ #- [ 編集]


あいかわらずおジャマしに来たよ。。
生前の死亡通知、素晴らしいね。
私もあっさりときっぱりと逝けるでしょうか。
残されたヒトに愛を持って思い出していただけるような人生を送れるかな。
でも、まだ召されたくはないね。。
子ども達のために。
【2007/03/25 23:23】 URL | hiromi #- [ 編集]


ちえたんへ
 彼女の詩に出会えるのなら大学受験も嬉しいことのように思いました。
つい目先のことにとらわれる娘が「何で勉強しないといけないのかな?」と言うので
「教養は自分が人生を楽しく過ごすために身につけるのよ。何に対しても興味を持てるように。」先日の会話を思い出しました。
水戸小紋様
 可笑しい。どきんとさせられました。
平易な言葉の中にきらっとしたものを突きつけられますね。

さゆみさんにこの一節を

「初々しさが大切なの
人に対しても世の中に対しても
人を人とも思わなくなったとき
堕落が始るのね 墜ちてゆくのを
隠そうとしても 隠せなかった人を何人も見ました・・」

さゆみさんはいつも初々しいですからね

hiromiちゃん
死んでしまえば全て終わり。
最近我を張るのやいさかいを見て
自分はどうしたいかを学ぶ日々です。皆ハッピーで行きたい。
私が明日事故で召されても、惜しんで泣いてくれる人がいるよう今日善行を積みたいものです。
神様がいるならhiromiちゃんはまだ大丈夫に決まってる。
【2007/03/26 00:19】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/491-82f7fb04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索