FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
例えば 田舎と都会
 学生時代、地方出身のある友人は上京してしばらくの間、物の見方が
個というより「自分=地方出身者」「友人=都会の人」で分けて分析してました。
 いちいち「郷里ではこうだけどこっちはこうなんだ。」といった具合です。

 「それは彼女のコンプレックスのせいだった」という言い方をするのは簡単だし、
劣等感をバネに何かしら頑張るのも悪くありません。
でも対比的に考えるのは気がつかないだけで案外誰しもがやっていることではないでしょうか。
例えば

 若い×年寄り     男×女  子あり×子なし
 お金持ち×低所得   有職×無職 
 組織に所属×一匹狼  未婚×既婚
 
 自分の有り様を決めておいて他者との比較、対比で物事を考える。
あの人とは住む世界が違うから、人種、宗教が違うから等々・・日々無意識にくくったりしてないでしょうか?出来れば違いを理解の手助けにしたいものです。

 時が過ぎれば誰もが「若い」からいつの間にか中年、年配、高齢者にシフトします。
自然の摂理でこれは抗いようもない真実です。
 対比的に考えるのはもうやめてみませんか?

 立場をそれぞれが明確にしたほうが上手く関係が保てる場合
(職場の上司と部下など)もあるでしょうが私自身はある意味で自由な立場なので
出来るだけ「自然体」を目指したいと思います。「私は私。これ以上でもこれ以下でもない。
こんな私で良ければお付き合いくださいね。」のスタンスです。
 ブログでも嘘は書きたくないし、お世辞も望んでいないのです。

 権威とか肩書きに固執せずそのままを見て柔軟に感じとりたい。
「みんな違って美しい。全ての人を尊重し、自分の心で向き合い、付き合えれば良いな」
このごろそんな風に考えています。
オキザリス

記事とは関係なく・・ねじれた蕾の縁が赤くかわいいオキザリス。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  

関連記事

この記事に対するコメント

私は、結構周りを気にするタイプです。
変な気の使い方をしてしまう所があります。
だから、仕事をしていた時には、とても疲れていました。
そんな自分が嫌だけど、仕方ないとも思ってし。
でも仕事のお蔭で、イロイロな人とお話する事が出来ました。絶対に今まで関われないと思っていた方と接すると、まったく印象と違っていたり、またイロイロな良さも発見できるんですよね。
私の場合、最初から考えすぎちゃうのです。もっと自然に楽に考えなくちゃあね。。。
【2007/02/13 06:41】 URL | ちえたん #- [ 編集]


おひさしぶりです。本当にいつも元気に記事を書いてらっしゃいますね<(_ _)>頭が下がります。

今回も確かに!確かに!!とうなずきながら読みました。
違いは重要です。だからいたわる心も生まれるのでしょうから。
難しいことを、堅いことを書いていても、オキザリスのような柔らかさを持つkazumiちゃんが羨ましいです。
「ありのままの君」でいて下さいね。
【2007/02/13 08:12】 URL | すずめ #KLtzAfy. [ 編集]


ちえたんさんへ
 私はちえたんさんの言葉から暖かな雰囲気を感じて幸せになることがあります。
「気にしい」の分、他人を不快にしたりすることがないのでしょう。立派な長所ですよ。

すずめちゃんへ
このごろ本の虫ですって?
もっとくだけてこなれた文章が書きたい!文才がないし根が真面目だからねぇ。
 こんなんでもつきあってくれてありがとうね。
【2007/02/13 16:49】 URL | kazumi #- [ 編集]


微笑ましくコメ読みました。
ありがとう。
肯定的なんでしょう自分に「こんなんでも」は言ってみただけでしょう(笑 だから、あるがままでね(^_-)-☆
【2007/02/13 17:40】 URL | すずめ #KLtzAfy. [ 編集]


女性ならではの考え方ですね。
否定しているんじゃありません。羨ましく思っているのです。ちえたんさん、すずめさん然り・・・。
柔らかい考えをしています。

あるがままに・・・・・つもりなのですが・・・・。笑)
うまくいきません。
【2007/02/13 21:46】 URL | ひげ #- [ 編集]


再びすずめちゃんへ
はい、肯定が基本です。(笑)
もはやこの年になると自分を素直に受けとめて、開き直って進むしかないのかもね。でないと人まで幸せにできないと思う。

ひげさんへ
男の人は社会の風に拭き晒されていることが多い分、何かと不自由かもしれません。私も夫の庇護のもとで呑気な考えでいられます。
でもひげさんもLet it beでいきましょうよ。
【2007/02/13 22:16】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/483-cac3ab91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索