FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
へら・モデラー
シャドーボックスでは切った紙片に表情をつけます。

その時使うのがへら、モデラーと呼ばれる道具です。

 シャドーボックスを始めてこんなに長く続くとは思いませんでした。私はモデラーによる表情つけにこの手芸の奥深さを感じています。これが難しい。イメージした形に近づくようにひたすら丸みを付けるわけです。 

 私はできた作品に紙のチープさが感じられないようにしたいと思っています。
見た方に「えっ?これ素材は紙のプリントなの?」と驚いて頂きたいのです。
 教室では丸みの付け方が誰でも上手くできるようにへらの位置、角度、押し加減など指導しています。
 
 最近、より紙に厚みや存在感が出せる方法が見つかりました。葉っぱ1枚丸み付けで15分かかることもあります。丁寧に思いを込めてやればやっただけ表情が出るので・・・。進化を楽しみたいと思います。

 PICT1700.jpg

↑左から丸み付けの時、下に敷くマット、葉脈などつけるスタイラス、愛用のアメリカ製へら、日本のへら
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/47-d5cb49fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索