FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
武士の一分の「いちぶん」って?
遅ればせながら「武士の一分」見てきました。テーマは夫婦愛です。
木村拓也さんはは「やっぱりキムタク」。でもちゃんと武士でした。殺陣が素晴らしい。
あらためて素敵な俳優さんだと思いました。

下級武士の妻役、檀れいさんもとても良かった。綺麗で慎ましやかで新鮮。

脇役も芸達者さんばかり。見ていて安心です。

さて題名の「いちぶん」って何でしょう。
「ゆずれないもの」の意味かな?と、もやもやしてましたので調べてみました。

一分”とは、人が命をかけても守らなければならない名誉や面目を意味します。
・・・とブログにありました。

原作者の藤沢周平さんはこの1月26日が命日でちょうど没後10年だそうです。
心優しい(山形庄内藩がモデルの)下級武士の小説が我が夫や父や兄に大変受けております。

日本人の美徳について考えました。貧しくとも人を思い遣る様子が美しい。
子供の給食費を払わないで平気な親はその反対側にいる人たちでしょう。「恥を知れ」

映画館で観たい映画です。もし行くならハンカチをお忘れなく。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  
関連記事

この記事に対するコメント

視聴率も良いようですよね。。
実は、私は観てないのです。
日曜日の番組の権利は主人にあるので、洋画をみています。
本当は凄く気になっているんですけどね。
一分=人が命をかけても守らなければならない名誉や面目
なのですか???
私はやっぱり子供達だわ。。。
【2007/01/30 06:50】 URL | ちえたん #- [ 編集]


映画、気になっていたので、実際に見た感想が聞けて嬉しいです。
子供が生まれた時、英語教育をするぞ!と頑張りはじめましたが、数年前、ラストサムライをみたり、最近、「国家の品格」を読んだりして、日本人として、誇りをもって、文化や歴史、正しい日本語を伝えていくことが大事だと考えるようになりました。その前に、母の教育が必要なんですが・・・(*^^*)
子供の給食費を払わない、NHKの受信料を払わない(知人で、裕福な方がそうしている人もいて、絶句でした)それを普通に話しているママ、誰が教育していけばいいのでしょうね・・・。
【2007/01/30 08:40】 URL | #- [ 編集]


失礼しました。↑上のコメントは私でした(≧▽≦)ゞ
【2007/01/30 08:43】 URL | ショコラン #- [ 編集]


私も観ました!!キムタク様が大好きなもので。
一度は行ってみたいスマップコンサ-ト♪
一度は観てみたい生キムタク様!!
映画館で観て本当によかったと思える作品でした。
旦那さんのお父さんは、2回、足を運んだそうです。
原作、読んでみよ!
【2007/01/30 13:31】 URL | こんちゃん #- [ 編集]


ちえたんさん
「母の一分」で親子愛の映画が作れそうですね。
 「華麗なる」はやはり2回目しか見れず・・悪女役、鈴木京香に凄みがありました。

ショコランさんへ
アメリカに長く住む伯母は自己主張が強かった。それは異国での暮らしがそうさせたのか加齢がそうさせたのかはわかりません。
私も日本人の古くからの美意識や八百万の宗教観は誇るべきものだと最近感じています。異教徒を攻撃する宗教なんて最低です。

こんちゃんへ
キムタクは格好良い上に負けず嫌いで努力家ですね。
 感受性も鋭いのでこのまま第一線で活躍するでしょう。
 「たそがれ清兵衛」や「蝉時雨」は見ました。今度「隠し剣、鬼の爪を借りる積りです。






【2007/01/30 16:07】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/467-9a9357e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索