FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
「オペラ座の怪人」再び
 一昨年義理母を看取った義理父は観劇を楽しんでいます。

まだ劇団四季の「オペラ座の怪人」は観たことがないとのことでお誘いし夫と3人で行って来ました。

私は昨年3月に生徒さんたちと見て感激したからです。

数ヶ月前チケットは入手しました。いよいよ3月21日が千秋楽です。

2度目なので仕掛けなどじっくり見たもののやはり
歌や演奏、踊り、衣装、舞台装置、照明が素晴らしくやっぱり感動しました。

観劇、芝居見物は子供が小さい時は出られなかったし、
身分不相応な気がして今まで殆ど行ってませんが
これからは評判の良い物は観たいなと思っています。

 汐留 亀の噴水

シオサイトでの待ち合わせの名所「亀の噴水」 時報ごとにしばらく甲羅の隙間から蒸気が出ます。
汐留シオサイト 四季劇場

平日ランチ(12時前)ならこの3階レストラン「シーズナー」がお勧め。(でも土、日は高い)
食事後、階段を下りれば劇場です。ここは吹き抜けの不思議な建物です。

FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m

関連記事

この記事に対するコメント

チケットが手元に届いてから出掛けるまでの楽しみ。
何を着ていこうか、当日バックの中に何度もチケットがあることを確かめている楽しみ。
見たあとにお家にこのまま帰りたくない!まだまだ浸っていたと思う楽しみ。

お父さんとの素敵な時間よかったですね^^
【2007/01/15 21:15】 URL | すずめ #KLtzAfy. [ 編集]


「オペラ座の怪人」千秋楽なんですね。知らなかった。

知人で四季にちょっといた人がいて、四季に入る前の学生の頃に生の歌を旅館の大広間で聴かせてもらった時は、ホントびっくりでした。壁も扉も聞いていた私たちもみーんなその声による振動でビリビリっとしていました。こんなすばらしい声が訓練で出るようになるのだと感動しました。プロがしのぎを削って作り上げた芸術作品を堪能できるのは本当に贅沢です。私も早くその身分になりたいです☆
【2007/01/15 22:39】 URL | yasuko #TMk8PTho [ 編集]


観劇かぁ~・・・ご無沙汰だなぁ・・・
コンサートも1年くらい行ってないや・・
栄養をあげないと感性がしぼんじゃいます。(トホホ)
四季のチケットは入手が難しいとか。。よく取れましたね。
出来るときに先延ばしせず親孝行はしとくもんだ!と思うようなりました。
【2007/01/16 00:17】 URL | 葉摘み #- [ 編集]


すずめちゃんへ
義理父も歳の割りに若いとは言え腰の具合が悪く、あとどれだけ楽しく過ごせるかと感じて帰宅しました。「命ど宝」ひしひしです。
yasukoさんへ
すぐですよ。子育ての間は全力投球してね。子供は確実に離れて行きますから。寂しいのと頼もしいの半分ずつで。
端役でも歌がめちゃくちゃ上手い!!踊りも基礎がある!!
四季は本当にレベルが高いので感動します。

葉摘み ちゃんへ
チケットは夫の会社の(組合?)お誘いでした。前回は四季の会員の人経由で取れました。
お茶の世界で感性磨くのとは別?
昨日着物姿で観に来てる女性がいてhatumiちゃんならさらっとお出掛けできるんだろうなと思いました。
幾つになっても親の愛情深さを感じられる夫は(嫁の私も)幸せです。恩返しできませんけど。
【2007/01/16 01:24】 URL | kazumi #- [ 編集]


お茶の世界だけに埋没していると、感覚が鈍くなってしまうのよ。
表面だけでなく裏側や隅っこも時々風を入れて磨いてやらないとね。
kazumiちゃんも同じじゃないかな?
関係ないと思えることや無駄なこともやってみると勉強になるってことない?

“親の愛情深さを感じられる夫は(嫁の私も)幸せです”って思えることが、すでに親孝行だなぁ~
親が高齢になってくると、今年出来ても来年出来ないかもって思います。だから先送りはやめました。
今、義父が倒れ更に強く実感しています。
【2007/01/16 02:25】 URL | 葉摘み #- [ 編集]


葉摘みちゃんへ
一見関係ないようなことをいろいろやってみる。手作りではいろんなことに手を出しているおかげで様々にアイデァが浮かぶのだろうと確かに思います。
 「義父の存在」やっぱり葉摘みちゃんは奥様だった!!
 だって何処にも夫と子供の影がなかったんだもの。
ひとつ謎が解けた。えへへ。
【2007/01/17 10:14】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/450-695bbb63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索