FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
万華鏡
小学生の頃学研の「科学」という雑誌を読んでいました。

私の頭は今も昔も完璧文系寄りですが、付録が楽しかったです。
動くおもちゃみたいなのを組み立てたり、鉱物のかけらをながめたり・・・

懐かしく感じる方はこちらをどうぞ。「大人用」を見つけました。

特に私は万華鏡を作る依田ご夫妻の作品に感動しました。
動画で刻々と変わる様子が楽しめます。

そこのお疲れのあなた、仕組みがわからなくても見るだけでもきっと癒されますよ。
まんげ鏡


↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m
関連記事

この記事に対するコメント

学研の科学と学習。。。
懐かしいですね。。
私も短期間ですが、買ってもらっていました。

万華鏡。。小学校の時学校で
三枚のガラスを張り合わせて、作った事思い出します。
【2007/01/27 07:11】 URL | ちえたん #- [ 編集]


万華鏡でこんな表現できるなんて凄いですね!
「大人の科学」にも、興味ありそうな物沢山ありましたよ♪
【2007/01/27 07:51】 URL | 猫妻 #EkJqkiTs [ 編集]


深夜、見ました。
言葉になりません。。。温厚そうなご夫婦が作られていたのでビックリ!
人柄(外見から想像)が作品に出ているなぁ・・と何度も見返しながら思いました。

しかしあの解説って言うか「夜明けの・・とかいう題名?いらないんじゃないかなぁ。
見る人の感性に任せてくれよっ!て夜中ツッコミでした。
【2007/01/27 11:20】 URL | 葉摘み #- [ 編集]


ご夫婦でかあ・・・すばらしいなあ・・・
葉摘みさんツッコミがツボに☆
【2007/01/27 17:24】 URL | こんちゃん #- [ 編集]


万華鏡を見てきました。
とてもきれいですね。
どれとて、同じ模様はないですものね。
色も青から赤へそして緑へ、紫へ・・・と本当にきれいでした。
心癒されましたよ。
有り難う。
【2007/01/27 22:58】 URL | さゆみ #- [ 編集]


ちえたんさんへ
実際には小さな三画だとわかって見ても反射の繰り返し模様は不思議に思えますね。

猫妻さんへ
こちらも凝りだすときりがなさそうですね。

葉摘みちゃんへ
昼だと違う「つっこみ」なのかな?「題は鑑賞の手助け」位に私は思ってます。2度と同じ模様はできないのは一期一会かも!

こんちゃんへ
子供の時見たディズニー番組のオープニングは万華鏡の画像だったの覚えてますか?お若くて知らないかな。

さゆみさんへ
動画はあまり見られませんよね。癒されたとのこと・・私も嬉しいです。
【2007/01/28 00:59】 URL | kazumi #- [ 編集]


見てきたよ。
アルコールなしで、雰囲気に酔いしれそうです。。。。。
言葉なんていらない世界ってあるんですね。ステキなものを見せてもらいました、ありがとう~
【2007/01/28 12:36】 URL | すずめ #KLtzAfy. [ 編集]


きれいだねぇ~。
いいモノを見せていただきました。
私のこころも万華鏡~(何故
ウチのムスコの作ったオイルの万華鏡も、ビー玉万華鏡もなかなか美しいですよ。万華鏡にも、いろいろな種類があって、楽しいです。
学習と科学。。ちょっとお値段がはってたような記憶が。。。
【2007/01/28 12:48】 URL | hiromi #- [ 編集]


すずめちゃんへ
 曼荼羅模様に通じる揃った形ってなんとなく宇宙を連想させますよね。

hiromiちゃん
心はめくるめく世界・・・感性の宝庫かい?
息子さんは2種類作ったんですね。そのうち銀座の万華鏡博物館にも行きたいです。
あの雑誌は学校の校門のところで販売してた。今思うと変ですね。
【2007/01/28 17:31】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/416-52167ffa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索