FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
ミシンワーク 
PICT1466.jpg

 お菓子の家は欧米ではジンジャーブレッドハウスと呼ばれ、
クリスマスにはつきもののようです。
これはカルフォルニアに住む日本人の友人2人と滞米時に作りました。
 
 市内のクラフト店でクリスマス柄の生地を探しました。
本体は壁、屋根、煙突の3ピースからなっています。
キルト芯をはさんで大半はミシンで縫います。
屋根瓦のラインもつれないようにミシンで押さえ、
ドアや窓はジグザグミシンでアップリケしています。思ったより早くできました。
3ピースの合体時は流石に手縫いでないとできません。

 煙突からテッシュが煙のように出てくるところがユーモラスで気に入っています。
家の形を整えるため、テッシュは厚紙製の箱に入れてあります。
アメリカのクラフトは大雑把なところがありますが、素朴な味があって、なつかしく思い出されます。

関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/4-de3b09c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索