FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
展示会の観方
昨日は乃木坂 国立新美術館3階で開催中の
シャドーボックス展に行ってきました。

私はこんな観点で↓作品鑑賞しています。独断と偏見があることを前提に(笑)
参考になれば幸いです。

まず良い作品、素敵な作品は破綻がないので自然にすっと絵の中に惹きこまれます。
風景や物語だったらその世界へ。
「きれいだなぁ」素敵な場所だなぁ」とその世界へ誘ってくれるのです。

逆に立体感の付け方に違和感があったり
埃や毛が貼り付いていたり切り口の処理が甘いと
「こんな紙、プリントなんだなぁ」とか技術や仕上げの粗さに目が行くのです。

技術の高さに関しては
丸みがしっかりしていて皺が目立たない。
切り口が美しく縁もふさわしい色で処理されている。
緩急がバランスよくついている。
視点から花の向きや建物地面の構図におかしなところがない。
物の立体感が自然で変な歪みがない。
支えや補強が施され安定感がある。
限られた額の深さを生かして立体感がついている。
LEDライト、ビーズや水引、羽、綿、モス、グリッター他異素材をうまく取り入れている。
背景の台紙絵柄を時に応じて消す工夫、
持ち上げている部分を隠したりする工夫
丸みがついて短くなる分をどう処理しているか
細かい物を沢山貼っていく根気と丁寧さ。
細い物を切る慎重さ。毛羽がないこと。
なめらかで一定の輪郭線の切り取り
切込みによる造形の処理
油絵水彩など輪郭線のない絵柄の自然な切り取り
絵柄の仕上げでは光沢がむらなくついている。


額装に関しては
絵柄とマッチしたフレーム
絵を引き立てる色や質感であること。
絵柄のジャンル (和風、モダン、ロココ等)に合った竿選び
近年はデザインマットも増えました。こちらもデザインが絵に合っているか。
額装に今までにない工夫をしている等

他に会派として新しい魅力のある絵を調達し門下とともに
打ち出す努力
今まで見慣れているプリントもひと際高いレベルで表現する技術
ステンドグラスや粘土、クイリングなどで独自のクラフトを取り入れアレンジをする
自分で絵を描いて表現する
作家さんにオーダーで描いてもらって表現する
PC処理で絵柄を生み出す工夫
様々なカードをアレンジしながら大作にまとめ上げる構成力等

200点以上のどの作品も良い部分があり学びがあります。
賞を獲っているのも一つの目安になりますが
賞を頂くべき作品は他にもいっぱいです。
年々レベルが上がっています。
私も置いて行かれないよう精進せねばと思い拝見しました。

皆様ぜひご高覧ください。
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/3489-869427b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索