FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
番の鶴 完成しました。
P1012866.jpg
鶴ぼ作品は部分で作ってから全体を微調整しながら組み立てました。
シャドーボックスの組み立ての際2次元と3次元に配慮する
つまりは絵柄を正面から見たときにずれていないことと
良い塩梅に空間が表現されていなければなりません。


P1012862.jpg
丸みを付ければ元の絵柄より小さくなりますから
その微調整が欠かせません。
そのためにパーツでずれないようにまず組み立ててから
一気に微調整しながら全体を合わせるのです。
P1012864.jpg
空間は自然な立体感が出るように
収める額が深ければ深さを生かすようにします。
鶴は飛んでいますので当然高くなりますが
支えが見えるのも興ざめです。
また長く飾っていたら反ったりしないように
形状が整うように形に合わせてきちんと補強などをします。
牡丹の花芯は2層になっていて透かし切りをしています。
やはりまずはきれいなラインに切ることが基本かなぁと
思っています。アンチ手抜きですね。(笑)
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/3485-1dfc50ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索