FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
蒔絵のお棗
 昨日の続き
蒔絵師、松田祥幹先生の21歳の時の力作です。

 蒔絵作品は(先生の郷里)福井県鯖江市が京都に近いこともあり、お茶を入れるお棗に施すことがよくあるのだとか。

 手の平に乗る小さな宇宙・・・題材の世界がそこに広がっているようです。

 こちらには蛍と草が描かれています。蒔絵師の家に生まれたとは言え完成度高すぎます。

 お棗の蓋

お尻の強い光は金、闇に浮かぶ全体は本当に細かい螺鈿細工で表現されています。
蒔絵・黄金の草に煌く蛍

美しい蛍ですが何処となくかわいらしさもありますね。
螺鈿細工には特に憧れます。そのうちポチっとでも自分の蒔絵作品に入れて見たいものです。

松田先生の展示のお知らせ  「shunkan」時の扉
9月25日(月)~10月3日(火) 日曜休み 11時~18時30分
金鳳堂画廊(眼鏡店の2階)地下鉄日比谷線、大江戸線六本木駅6番出口すぐです。

 蒔絵、藍染、備前焼を楽しむことが出来ます。

 今晩9時から人間国宝松田権六氏の番組がBSハイビジョンであります。
「漆の神様」は今年没後20年だそうです。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します

関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/341-45d07a4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索