FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
備前焼は堅い
 備前焼作家山口太志氏とお話しました。

 「備前焼」・・・岡山の焼き物で茶色のイメージしかない・・・まったく焼き物には無知の私です。

 最近TOKIOの日曜夜の番組ダッシュ村でも焼き物をしていました。何日もつきっきりで火の管理をする位は知ってましたが、備前焼きはなんと1週間もかけて焼くのだとか。

 粘土が緻密なので上薬をかけるとひびが入るため、かけないのも特徴だそうです。
 それでも光沢があったり色が美しく入っていたりします。
 釜のクセを掴んでいろいろ模様が入るよう工夫して味わいをつけるのも作家さんの腕の見せ所なのでしょう。

 粗忽な私は陶器は割れやすいと思って敬遠し、磁器を多く持っていますが
「備前焼は焼き締めてあるので磁気より堅く丈夫なくらいです。」と胸を張られました。

 7日間3交代で釜の番をして焼いたら何日もかけて冷まし、灰まみれで器を取り出す。
割れずに完成したものはお酒で清めるそうです。

 改めて真摯なものづくりの姿勢を感じました。
松田先生の展示のお知らせ  「shunkan」時の扉
9月25日(月)~10月3日(火) 日曜休み 11時~18時30分
金鳳堂画廊(眼鏡店の2階)地下鉄日比谷線、大江戸線六本木駅6番出口すぐです。
蒔絵、藍染、備前焼を楽しむことができる展示です。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します

PICT2702.jpg

玉すだれの咲く季節ですね。
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/339-d2c962b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索