最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
マニアックなこだわり
2月は逃げると言いますとおりオリンピックで盛り上がり
あっという間に終わりました。

私は紙の切り口にこだわりが強いかもしれません。

切り口が目立つと立体の絵を鑑賞する際
妨げのように感じてしまうからです。


YJ fujiomote
ですからできるだけ目立たないように作業します。

鋏で切ったり色を塗る他 幾つかの工程があり
表裏から検品作業のようにチェック。(笑)

YJ fuji ura
裏には茎色に近い紙巻ワイヤーを貼っています。

「時間をかければ良い物が作れる」とは思っていませんが
あっという間に時は流れていきます。

今回の藤の作品は
展示会としては小さい作品になりますがどうぞ大きさではなくて
作りこみをご覧になって頂けますように。

羽生君がフィギュアを芸術にまで高める表現をするには確かな技術が必要だと
インタビューで答えていましたが
アート全般にも通じるように思います。

真摯に一片一片に向き合いたいものです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
 

関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/3224-a1df8c95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索