最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
額の深さと持ち上げ方
DSC06267.jpg
シャドーボックスは通常奥行きのある立体額に作品を収めます。

額の深さは葉書程度の大きさなら15ミリから35ミリあたりでしょうか。

規格の額でもバラつきがあるので作品はそれに合わせて作ります。

今回は香水瓶の絵柄が縦に三つのプリントでした。
DSC06263.jpg
額のマットは三つ窓が横並びなので作品は絵柄だけ使って背景は
ピンクの布目模様の台紙にしました。既にニスもかけてあります。

額の深さが30ミリある為通常の入れ方だと深さを生かせません。
DSC06264.jpg
こういう時はテーブル面を設定し高さを出します。
テーブル面は背景に使った紙を短冊状に切って補強して斜めに固定します。
DSC06269.jpg  
横長短冊の上部は額が低ければ殆ど持ち上げませんが
今回は1センチ上げて下側の辺ではスチロール3段重ね15ミリ上げました。
実際には台紙の補強の厚みがあり斜めなので最下辺は2㎝位になります。

DSC06268.jpg

いつの間にか左右の絵柄が逆になっていますが(笑)
高さの加減は毎回作品を額に入れながら調整しています。

Wさん上品で落ち着いた作品になりましたね♪
 

関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/3116-9d12dd41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索