最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
花扇 再び
メルヘンペイントの容器が届かずお待たせしております。
申し訳ありません。

DSC06195.jpg

今回の作品の仕上げにも使っていて
扇子の骨の部分に特に艶とこんもりの漆仕上げ風の
質感に効果があったと思います。

sensu400.jpg
数年前制作した花扇はこんな額装にしました。↑

マットを下に落とし込んでその上にも桜を散らせました。
素材のカードの背景のイメージを崩さないように
運よく似た柄の絹生地を浅草の和装店のワゴンで見つけて使いました。


一期一会で手に入れた布だったため
今回は2種の絹生地でアレンジしました。
マットは桜文様を抜いてもらいました。

DSC06197.jpg

カードキットは在庫ラスト1です。 
既にこの黒い額と特注桜抜きマット絹布付の販売は終わっておりますが 
布のアレンジは今回初めてご紹介するので
持っている方は参考になさってください。

まず市松の生地は黒い紙、赤い鹿の子生地は白い紙に貼りました。
そうすれば強度が増して曲線に切るのも簡単で扱いやすくなります。

鹿の子は「むら雲」のイメージで適当に切っていますが
縁の始末も要りません。

市松の生地は切ってさらに市松に並べました。
今回は黒の5ミリ厚スチロールで生地を支えています。

扇は2段重ねて約1センチ浮かせています。
アレンジは余白に緩急つけました。

数年経つと額装も気が変わり別のアイデアも浮かぶのが
やっていて面白いことですね。
 
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/3099-628597d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索