最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
保存版 メルヘンペイントについて
ご購入くださった方にお知らせいたします。
皆様ができるだけ失敗をしないで快適に使えますようにコツを網羅しました。
また何かお気づきの点やご不明なことがありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
第一期製造分は即完売しましたがメルヘンペイントはこちらからご予約下さい。
6月中にご予約頂いた場合は送料(160円)無料です。次回のお届けは7月5日過ぎになります。
DSC06149.jpg
背景は新作キット用カード。只今テキスト制作中です。



メルヘンペイントの特徴
1、メルヘンペイントはふっくら盛り上がって艶が出る粘度のある液体で他の艶出し液にはないボリューム感と光沢が表現できます。平面の絵に塗るとこんもりした立体感と光沢がつき、絵柄の色は濡れたよう鮮明になります。3Dの場合はモデラーによる不揃いな丸みでもこの液を乗せると艶の効果で美しく整えることが可能です。
2、時間差をつけて塗るとメリハリのある光沢仕上げが出来ます。乾燥前の液は白っぽいですが乾くと透明になります。例えば先ず葉の半分に塗って(20分位)乾かしてから残りの部分に塗ると葉脈の筋(くぼみ)が表現できます。隣同士の絵柄は液が繋がらないように時間差をつけて塗るとその効果が生かされます。
3、スプレーニスや樹脂仕上げで穴が開いてしまった場合、通常補正は大変難しいですがその部分を目立たなくすることができます。この場合背景の大きい部分ではなく花弁や葉の小さい面積で施すのが原則です。一回では液の吸湿の違いにより凹凸が残ることが多いので一度乾かしてから二層目でカバーしてください。(そもそも穴が開く理由の第一はシリコンボンドの付着なので使わないことが美しい仕上げの早道です)
4、丸みを強くつけた為、絵柄の縁に細かい放射状の皺が出てしまった時、この液をエッジ(皺の部分)に塗ると 艶の効果で皺が目立たなくなります。(例 花弁の縁)
5、通常細か過ぎて貼るのが難しい小さな目やボタン、服の模様、雄蕊の先端などに塗るとボリュームが出ます。切って貼るより手軽にボリューム感と光沢が付くので作品に変化が出せます。
6、通常細過ぎて裏から押せない細い枝や動物の毛並や草に塗ると円柱の艶が出て立体的になります。髪や草などに塗る際はまず隙間を空けながら細く塗り、乾いてから間に細く塗っていくと繊細な表現が可能です。
7、ニスの掛かり難い絵柄の重なりの奥の補正に使えます。立体作品の仕上げにスプレーニスで艶をつける場合霧状に吹く為どうしてもムラが出ます。この液を塗るとバラつきのない光沢仕上げになります。
8、グロスのスプレーニスでも艶が出せないマットな紙質のプリントでもこの液を塗れば光沢が出せます。その場合予め必ずスプレーニスやフィキサチフ等をかけて表面をコートし、乾かしてから使って下さい。ドナルドアートのアントンの絵などは部分的に光沢を付けマットな部分と対比させる仕上げも面白いです。
9 油性ニスやアクリル系ニスを掛けたらプリントの(染料)インクが溶けて艶が出せない絵柄にも この液で仕上げると溶け出さずに艶を付けられることがあります。ただし予め不要な絵柄部分でお試しの上自己責任で仕上げてください。ペイント液の吸湿がある為しっかりつけた丸みでも反るリスクがあります。
10 品名 合成樹脂エマルジョン塗料  成分 アクリル系共重合品
気になる匂いもなく揮発性でない為、室内でも使えます。皮膚にはつけないようにして下さい。お子様の手の届かない場所で使い保管してください。室温5度以上に置いてください。   
                                                    
メルヘンペイントの使い方

 ・使う前の前提としてスプレーニスを掛けた作品にご利用ください。紙の素地のままこの液を塗るとせっかくつけた丸みが反る場合があります。
 ・平面の絵に用いる場合は絵の厚みや紙質によりますので予め不要な部分でお試しの上作ご使用下さい。

1、キャップはお子様にいたずらされない方式です。
蓋をやや強く押しながら時計と反対の向きに回すと開きます。
2、先端が細いノズル状になっています。泡の確認をしやすいように半透明の容器とシールを採用しました。使い始めはノズルの先を見ながら泡がない液を乗せるようにして下さい。艶を出したい部分の縁から縁にムラなく泡を入れないように塗ります。端から端まできちんと艶が均一に乗り、溢れない程度にこんもりしたかを確認しましょう。泡が入ったら直後に取り除きます。心配でしたらまず不要な紙に葉の模様などを描いて先端から出てくる液の具合を確かめて下さい。小さなドット模様等どの位の大きさから塗れるか大きさを変えながら試し塗すると液を出す加減が掴めます。全く難しい作業ではありませんがある程度の根気と注意力、慣れは必要だと思います。
3 時間差で葉の半分ずつを仕上げる場合片側が乾くまで20分程度かかります。透明感が乾燥の目安です。
4 3Dシャドーボックスに光沢をつける際は紙片に角度が付くことがあるため、乾かす絵柄が水平になるように角度をつけて乾かす必要があります。それを調整しないと被膜に偏りが出ます。
5 乾く前はやや白濁した粘度のある液体ですが乾くとほぼ透明になり、光沢は塗った直後よりやや被膜が下がって少し落ち着いた印象になっていきます。時間が経っても黄変した経験はありませんが作品は日光や蛍光灯の光にさらさないのが賢明です。
6 塗った被膜が厚すぎると中心部分が乾燥しきれず白く残る場合があります。小さなこんもりとさせたい滴などは一気に盛り上げず、被膜を何回かに分けて乾かしながら丸く塗って下さい。乾燥には紙質のほか湿度や温度の影響もあります。予めその日の乾燥具合を確かめてから塗ってください。
7 作品の光沢仕上げに用いる場合、必ず不要な部分でお試しの上お使いください。
カラーコピーでなく正規に印刷されたプリントに使うのが原則です。その場合でも箔印刷、鏡面加工、和紙など特殊な紙質では輝きや風合いが損なわれる可能性があります。
                                                                メルヘンシャドーボックス
ぽちっと宜しくお願いします。
 
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/3091-b59e3796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索