最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
メルヘンペイントの動画
使い方を2分間の動画にしてyou tubeにアップしました。
どのように使うか参考になさってください。


新発売のメルヘンペイントのネットショップのページを作りました。(現在は未表示です)
6月いっぱいは新発売記念として消費税&送料無料です。販売開始は23日23時からです。
一本30cc入り 税抜1000円です。一本あれば通常は数年使えます。
私が製造元に掛け合って数年来製造中止だった艶出し液を復活させました。

この艶出し液には特徴がありますので予めブログにも記載致します。


メルヘンペイントの特徴

1.ニスでは表現できないこんもりと盛り上がる光沢が出せます。
私の教室の作品は「陶器のような光沢だ」と言われますがこの液の効果に寄るところ大です。
DSC06108.jpg
↑ニスで仕上げた生徒さんの作品です。
DSC06110.jpg
バラの花弁や香水瓶の細部に液を付けました。こんもりと艶が整っています。
丸みの表情がこれで数段美しくなるのが一番の魅力です。


2、時間差をつけて塗るとメリハリのある仕上げ方が可能です。
 例えば葉の半分を塗って乾かし、残りを塗ると葉脈の筋(くぼみ)が表現できます。(動画 ラナンキュラス 参照)
peintono1.jpg peintono2.jpg peintono3.jpg
左の写真  左手の細長い葉の右側に塗りました。直後は少し白っぽくなります。
中央の写真  右側が乾いたので左側を塗りました。色の違いが判るでしょうか?
右の写真  乾くと色に深みが出てふっくら加減も少し落ち着きます。

3、ニスや樹脂仕上げで穴が開いてしまっても目立たなくすることができます。
 エポキシ樹脂の光沢に近いのでほとんど違和感がなく補正できます。
 この場合背景の大きい部分ではなく花弁や葉の小さい面積で施すのが原則です。
 一回では液の吸湿の違いにより凹凸が残ることが多いので私は大抵2回塗ります。
 (穴が開く理由の第一はシリコンボンドの付着なので使わないことが美しい仕上げの早道です)

4、丸みを強くつけて細かい放射状の皺が気になった際、この液をエッジ(皺の部分)に塗ると
 艶の効果で皺が目立たなくなります。(例 花弁の縁)

5、通常細かすぎて難しい小さな目やボタン、模様、雄蕊の先端などに塗るとボリュームが出ます。
DSC05982.jpg
↑目に塗って艶々に。絵柄を切って貼るよりも自然で効果的だと思っています。
①きれいに切る。②バランス良い丸みをつける。③ずれずに貼る 
以上の3要素が揃わないと良い作品と言えないのですがこの液なら「丁寧に塗って終わり」ですから。

6、通常細すぎて裏から押せない細い枝や毛並や草に塗ると円柱の艶が出て立体感が出ます。
DSC06115.jpg
髪やマフラーや服や靴・・・複雑な表情が出せたように思っております。
モデラーとエンボスにも限界がありますからね。

7、ニスのかけにくい絵柄の重なりの奥の補正に。
スプレーニスでは霧状に吹く為、ムラが出やすいですがバラつきのない光沢仕上げが可能です。

8、ニスを吸い込み艶が出ないマットな紙質でもこの液を塗れば光沢が出せます。
  その場合予め スプレーニス フィキサチフを表面にコートし、乾かしてから塗ります。
  ドナルドアートのアントンの絵などは部分的に光沢を付けマットな部分と対比させる仕上げも面白いです。

9 油性ニスやアクリル系ニスを掛けたらプリントの(染料)インクが溶けて艶が出せない絵柄にも
 この液で仕上げると溶け出さずに艶を付けられることが多いです。
  ただし予め不要な絵柄部分でお試しの上自己責任で仕上げてください。

10 品名 合成樹脂エマルジョン塗料  成分はアクリル系共重合品で
  ほとんど匂いもなく揮発性でない為、室内でも安心して使えます。
  皮膚にはつけないようにして、お子様の手の届かない場所で保管してください。
  室温5度以上に置いてください。   

使い方と注意

1キャップの蓋を押しながら回すと開きます。先端が細いノズル状になっています。
 艶を出したい部分の縁から縁にムラなく泡を入れないように塗っていきます。
 端から端まできちんと艶が均一になるよう溢れない程度にこんもりさせます。

 心配でしたらまず紙に葉の模様などを描いて先端から出てくる液の具合を確かめてから
 仕上げにとりかかりますようお願い致します。
 全く難しい作業ではありませんがある程度の根気と注意力、慣れは必要だと思います。

 2 時間差で葉の半分ずつを仕上げる場合は乾くまで15分~30分程度かかります。

 3絵柄に傾きがないように角度をつけて乾かす場合もあります。調整しないと被膜に偏りが出たりします。

 4 乾く前はやや白濁した液体ですが乾くとほぼ透明になります。
  時間が経っても黄変した経験はありませんが作品は光や蛍光灯にさらさないのが賢明です。

 5 被膜が厚すぎると中心部分が乾燥せず白く残る場合があります。
   滴などは一気に盛り上げず被膜を何回かに分けて乾かしながら塗ってください。
   乾燥には湿度温度の影響もあります。予め乾燥具合を確かめてから塗ってください。

                               ぽちっと宜しくお願いします。


関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/3088-b378ce6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索