最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
椿の組み立て
私はシリコンを使わずに粘着つきスティロールで空間を作っていきます。
慣れない方はその方法に戸惑いますので今回はその手順を
椿を組み立てながらご紹介いたします。

osyougatu1.jpg
絵柄を切って切り口に色を塗り丸みをつけて番号順に並べました。
スチロールは1ミリの厚みを丸みのカーブの厚さを考慮して
1枚か部分的に2枚重ねています。
花びらの凹凸に合わせてどの位置にどんな面積で
どの厚みで貼るか望む立体のイメージで検討します。
osyougatu2.jpg
ある生徒さんに「シリコンより厳密さを要求される」と言われました。

確かにシリコンなら引き上げたりがすぐできるので高さと角度の加減はしやすいですね。
ただシリコンの長所は私が思うにその一点だけなのです。
osyougatuwa3.jpg
作品が汚れる。不安定でぐらぐらする。乾くまで時間がかかる・・・
あの不自由さにはもう戻れません。

このようにスティロールを貼ってみたら
固定する前に重ねてみれば塩梅がはかれます。
角度をつけたかったら片側に小さく切って足せば済むのです。
重ねた後でも不足ならちょっと引き上げて横からチップを差し込んでも
絵柄が汚れる心配はないのでシリコンよりずっと気楽です。
慣れでしょうかね。
また不安なら木工用ボンドでべったり貼らずに点で止める感じで
仮固定のようにすれば修正も簡単ですよ。

このように絵柄を下に置いて部分で組み立てるのも大事なコツですね。

ぽちっと宜しくお願いします。
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/3076-8c00659b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索