最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
お正月輪飾りの作り方
DSC03372.jpg
以前は木工の台の上で組み立て樹脂で仕上げましたが
今回は黒い額に納めます。

お正月輪飾りはおかげさまで大変人気で2版目となりました。

こちらを作れば毎年お正月飾りを買わないですみますし(笑)

縁起物は毎年買い替えて新年にそなえるもののようですが
作品は心をこめて作り毎年愛でても良いかと思っています。

osyougatuwakazari1.jpg
さて例によって
5枚の絵柄をできるだけつなげて切って
切り口に輪郭線の色を塗り
丸みも付けられる所は付けました。

ばらばらにしないほうが位置確認ピースがすぐわかって作りやすいと思います。

椿はこんな感じで順番に組み立てていきます。
osyougatuwakazari2.jpg

切り方、丸みのつけ方
切り口の処理
どれをとっても私は(アメリカで2時間)習った方法から変えてきました。
どのくらい表情を付けるかはお好みなのです。
皺がないようにどれだけしっかり自然につけるかが
長年の私のテーマです。

今回の絵では切り方は表現しない部分の輪郭線を削って切っています。
丸みが付くと短くなって支えている絵柄の縁が覗いて見えるからです。
テキストには少し削った位置に書いてありますが気づいたでしょうか?
表情を付けるために縁に切り込みをわずかに入れたり
筒状になるようにコの字型に切り込みを入れたりしていますので
確認してくださいね。
特に藁の束なった部分は先端だけ1ミリほど切らずにつなげておくと
先端が整ってきれいな筒状になります。

osyougatuwakazari3.jpg
通常とは違うモデラーの扱いでここまで丸くなります。
参考になさってください。

ぽちっと宜しくお願いします。
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/3075-7a7ddbc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索