最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
番外編 展示会場のお花の話
展示会準備の話最後にお花のお話を。

私には偏屈な部分があり

作品展を豪華なお花で飾ることに抵抗があります。
bara miyamoto

主役はあくまで作品であると思っているからです。

御好意でお花を頂くことは純粋に嬉しくありがたいことですが
同時にちょっと散財させて申し訳ない気持ちもします。

生徒さんが先生へのお祝いの気持ちでお花を贈ってくださることは
よくある慣習と言えるでしょう。

ただそこで豪華さを競うようなのは困ります。
「あーら、ありがとう!嬉しいわぁ」って素直に喜べば良いのかもしれませんが・・・
これはどこか生真面目な私の性分なのでしょう。
DSC05482.jpg

狭い会場では足元に置くと鑑賞の妨げになる場合もあり熱心に観た結果
百合の花粉が服に付くというトラブルも他で聞いたことがあります。

私が30歳過ぎの講師業駆け出しのころ
実は展示会場で生徒さんの間でお花の件でひと悶着あり
そのせいですっかり展示会が嫌いになりました。
やっとそのトラウマを克服しましたが
今でも本心ではお花の心配はしたくないのです。
400komiya tiffa

「作品はお花の絵柄ばかりなので無しにしても良いですよ」と
誰かに言ってもらいたいくらいです(笑)

「展示会では生花を飾らなくてはいけない」
そんな固定概念から解放されたいです。
ランキングに参加しております。
ぽちっと宜しくお願いします。
関連記事

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2017/05/06 08:35】 | # [ 編集]


N様
はじめまして。
コメント大変ありがとうございます。
実は門下には一切お花の心配をしないように予め御触れを出してブログにもしばらくその旨事前に表示しているのです。
それでも届くものは届きますし生徒さんの名前で私が準備したら寂しい等と言われます。
生徒さんも私自身も固定概念から離れればよいのだと気づきました。ありがとうございます。
【2017/05/09 17:42】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/3053-98ddff16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索