最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
展示会準備の話5
展示会のお話を再開します。

1amatu1.jpg
私は過保護な先生なので
テーマをフクロウと決めて延々とテキストを作成しました。

約40名の参加でしたから多めに選べるよう50は書きました。
その後額を特注し制作のお手伝いをして完成まで・・・
仕上げはほぼ私がしています。

だいぶ前からリストを作り、どなたが何を出展するか決めますが
変更もありました。
写真を撮って切手サイズに縮小し額の箱側面に貼ったり
レイアウト表に使います。
画像にすると一目瞭然だからです。
DSC05220.jpg

展示会の概要を手紙で皆さんにお知らせして出展申込書を配布。
会場費や経費を算定して参加費用を割り出します。
DM印刷や切手代、芳名帳や額スタンド 教室案内印刷 タイトル お花 お土産・・・他

御相談の上参加者と作品の確定。そのあとは当番表作成。分担決定。

搬出搬入チェック表作成。(代行含む)
数ヶ月前にはDMのデザイン&印刷 発送先リスト作成
切手購入と宛名書きと発送
38和田

会場担当者様と打ち合わせ
主要な生徒さんたちと会場の下見、
(吊り下げ方壁と金具の確認)
持ち物のチェック
搬入ルートの確認。

今回は二つの展示会の時期が近かったため
作品制作の追い込みをしながらやっていました。
伊東屋展のほうは分業なのですが理事としての仕事があり
私は全ての販売物のバーコードシール印刷他を(夫と)しています。
10okazaki fukurousan

こんな事が出来るようになったのも今まで合同展で見聞きしてきたからだと
参加させて頂いたことに感謝しています。
立場が人を育てると言いますよね。
協会立ち上げの時には私はメールすらできなかったのですから。
ランキングに参加しております。
ぽちっと宜しくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/3049-213eef31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索