最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
展示会準備の話2 場所と大きさ
私の教室展に限って言えば
会場探しにはまず多くの生徒さん達にとって
またお客様にとってアクセスが良いことを重視です。
DSC05561 - コピー
3月の北千住マルイはおかげ様で評判が良くてほっとしました。

多くの生徒さんはこの近隣にお住まいだからです。
私の御近所さんや生徒さんの御家族、
多くの友人もたくさん観に来てくださいました。

ステイタスはあるのかもしれませんが
都心であれば会場費が相当かかるようですね。

公の施設では会場費用は抑えられても
北とぴあのように物品販売禁止の場合もあります。

区民優先なので文京シビック、北とぴあのように
区民以外ですと良い会場だったとしても
滅多に抑えられない場合もあり悩ましいです。

物品販売から何割支払うとか
今までもいろんな場合がありました。
kanazawa favorite

参加人数と作品の大きさから会場スペースを割り出します。
通常作品の横幅+20センチから15センチ空間があくので
壁の横幅の長さで見当をつけます。

それから北千住の場合は一人2点として
小作品用に机の長さをミリ方眼紙で縮小してレイアウト表を作りました。

会場で額の色や絵柄の雰囲気などで現場対応
変更は普通にありますが展示会は
「準備8割」といったところだと思います。

ランキングに参加しております。
ぽちっと宜しくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/3046-1cb22cad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索