最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
松竹梅での試み
制作中はどんな作品でも何かしら今までと違う工夫ができたり
気づきがあるため20年以上も飽きずに作っているのかもしれません。
DSC04491.jpg
丸みがしっかりできるようになると欲しくない方向にたわむことがあります。
竹の場合は細長い円柱ですが上下部分が下がり中央が突き出る形状になりがちです。
まっすぐな円柱に補正するために
私は1㎜厚さのスチロールはこんな具合に竹の裏面中央に貼っています。
幅2㎜なら誰でも切れますし変なたわみが修正されます。
針金でそれを行うともう少し弱くて(曲がりやすい)筋が表に出やすく作業が難しいです。
上部の細い枝には茶色の紙巻きワイヤーを貼っています。

DSC04493.jpg
また初の試みとしてカードの余白を持ち上げるのに利用しました。
カードの下は余白で白いのですが5㎜の所で切り
直角に山折すると高さが出ます。クイリング方式でカード1枚の厚みで立てるのです。
DSC04494.jpg

さすがに固定する際はカードの外側にスチロールを置いて貼ると思いますが
この良いところは糊で汚れず安定していること。
絵が端まで表現できることでしょうか。紙そのものを利用して持ち上げるのは
昨年ポップアップの持ち上げ方から学んだ事です。
飯高 - コピー (2)
短冊状の紙 横と縦方向に立てて2段で高さを出しています。
周囲(内壁)は蛇腹の紙の溝でそれぞれを固定させています。


はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2841-3ae27352
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索