最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
粘着スチロールの切り方
前回は繋げて切ることを書きましたが
今回は片面粘着スチロールの切り方のコツを。

切る時はできればオルファの薄い刃のカッターが切りやすいです。
通常シャドーボックスでは替え刃式のデザインナイフ(エグザクト社 NT社 オルファ社)を
使いますが ポキッと折る刃のタイプ それも薄めの刃が良いでしょう。
段ボールを切る時はがっちりしたオルファが良いですけどね。

粘着面には剥離紙があり舛目が印刷されています。
こちらの面から線をガイドにして切りたくなりますが
実際には刃の側面に早く糊が付き
それが摩擦になるので余分な力が要ります。

ですから粘着のない面から切りましょう。
(私は刃についた糊の汚れは除光液でふき取ります。)

刃を入れたらすーっとなでるように浅い溝を引きます。
紙1枚分くらいのイメージです。溝ができたら5ミリ厚のスチロールを
切る場合、合計4回位繰り返して切ると断面がすぱっと美しく切れます。
力を入れて切ると断面がつぶれて刃も動かなくなるものです。

マットボードの切り方もほぼ同じ要領です。
力を入れないで繰り返して切る。
定規はしっかり左手で固定すること、金属の定規を使うことも前提ですね。

松竹梅のその後 制作は・・・
DSC04523.jpg
竹の葉の場合は5つの 三つの 中央と3枚で表現します。
DSC04525.jpg
絵柄を切って縁の色を塗って丸みを付けて重ねて固定です。

DSC04526.jpg
作っても一向に進まず「賽ノ河原」の気分が・・(笑)
でも鬼は来ませんので頑張りましょう。

蕾大半と竹の葉はほぼ終わりましたので梅の花を作っています。

完売したこの松竹梅第2便が明日14日に届く予定です。
お待たせしている皆様明後日には発送致します。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2838-b5c1b2fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索