最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
必殺 裏返し 

松竹梅の見本作品制作中です。
カード2枚BとC 延々と透かし切り作業が続きましたがなんとか目途が立ってきました。

カッターで抜くと紙の切り口が開きますのでそれを目立たなくする為の工程が増えます。

切る際には一回でベストなラインを切ったつもりでも

少し紙の繊維が残ったり、背景黒の余白の幅が気になって削ったりします。

その際は裏から確認しましょう。

裏返しにすると僅かにつながった部分や紙の繊維がよく見つけられるからです。

紙の切り口が目立つと素材が紙であると主張し
私は立体的な絵画作品鑑賞の妨げになる気がします。

その為紙の段面に色を塗ってさらに目立たなくしています。

色を塗る時は表裏に加え各方角の斜めからも塗り残しがないか確認します。
DSC04463.jpg
写真は全体像の下の層(右)と上の層(左)です。

左側が切り口未処理  右側が切り口を目立たなくしたものです。
切り口を黒く塗ったほうは反射していません。
背景が黒ですし下の層は陰になって暗くなるので黒を選びました。

この後上の層は絵柄に合わせた色を塗りました。
赤、ピンク、緑など
微妙な色のグラデーションにも対応して色を調合します。
段々に絵を重ねてみてからさらに色を合わせる作業もします。

あんまりこういうことを書くとどれだけマニアックかと思われそうですが・・・
シャドーボックスは楽しいですよ(笑)

小さなことからコツコツと まだまだそれが続きますね。

お知らせ
8月7日(日)特別講習開催が決定し3名お席がございます。
年内は開催しない可能性もあるのでご都合の合う方はどうぞ。


はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2833-ae4c3358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索