最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
1㎜の何分の1か 切り方のコツ公開?
梅雨で少し蒸しますね。
ややブルーな気分だったのでフクロウの絵柄を切っておりました。

私は何でも切るのが好きですので
植木の剪定や木工で木を切る等でスカッとするのです。

どこまでシャドーボックス体質なんでしょうか?(笑)
肩は全く凝りませんし辛うじて大人の眼鏡も要りません。
DSC04419.jpg
カッターで切り抜いたままだと紙の断面が白く目立ちます。

以前は鋏で絵柄を切ることが多かったのですが
カッターで切っても切り口を美しく処理できる方法を見つけてから
気分でどのようにも致します。
DSC04421.jpg
切り口には色を塗るのともう一つの作業で格段に目立たなくなります。

欲しい輪郭線の9割くらいは一回でベストな線を切ります。
絵柄の境目は1㎜の1/10の位の精度になるでしょうか?

寸分違わずこれ以上ふさわしい線はないと言うラインを追い求めます。
その時の私は求道者の面持ちになっているかも・・・・

残りの1割は段階的に鋏の動く空間を作りながら切り進めていく。
また絵が安定するようにずっとバラバラにしないで「わ」に繋げて切る等します。

初級の生徒さんでためらいがありやや大きく切る方がいらっしゃいますが
切り直すにも1㎜位はないと刃が縁にかからず修正もして差し上げられません。

やはり真剣勝負が宜しいでしょう。
ゆっくり丁寧に切ればきっときれいにできますよ。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ


関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2824-4115b83b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索