最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
艶の極意?
 仕上げで作品の見栄えはずいぶん変わります。

それ故私の教室では生徒さんの作品は

最後の仕上げを私がさせて頂くことが多いです。

生徒さんが喜んで下さることが私の喜びであり

良い作品を残したいという私が納得したい我儘からです。

仕上げ材にも多くの種類があり

紙質に応じて仕立て方の違いもあり

用い方の段階があります。
DSC03846.jpg 
今回は最終的な物をご紹介しますがもはや幻となりました。(笑)

長年サクラホリキリのアートペイント液を愛用してきましたが

既に製造中止となって数年経っています。

こちらは艶の盛り上がり方がこんもりしていて

丸みを付け忘れた時のペラペラ感をカバーしたり

樹脂のシリコンによるぽっかり穴を埋めたりと

ずいぶん重宝してきました。

最近それに代わる物をやっと見つけたところです。

こちらの作品はティーカップの螺旋等の模様や柄に使っています。
モデラーだけでこのような反射の出る「まるみ付け」は

高度な技術が必要ですが液材でお化粧すると良い感じ!(笑)

これだけ細い場合は筆などでは塗れないですね。

N様長らくお待たせしました。作品完成しています。
はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2749-706a76e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索