最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
紅白の菊 切り方のコツは?
今日はクマのパディントンを観てきました。
なかなかパロディも効いて楽しめる映画でした。
ダウントンアビ―の貴族のお父様がこちらでもパパ役でした。


菊の花は重陽の節句につきものですから9月がその時期でしょうか?

でも巷には1年中ありますからいつ飾っても良いかもしれませんね。

菊の和柄のキットは作っていて清々しい気持ちになります。

私のテキストを注意して見て頂くと
表現する花の輪郭線とそれを支える花の輪郭線は僅かに違います。
下の方はやや削って切るとすっきりとした作品になります。

きれいな作品になる最初の心得は
花弁を丁寧に滑らかに切る事でしょうか。

スカラップ状の葉の場合窪みに切り込みを入れると
縁の丸みがきれいに出せます。

また花弁と花弁がぶつかる所が
角ばったりしないように気を付けます。
DSC03769.jpg

花弁の切れ込みも限界まで深く入れ
必ず花の中央が下がるように凹ませて下さい。

平らな紙をカーブを付けていくのですから
必ずどこかにひきつれや無理が生じます。
大抵は切り込みでなんとかなりますよ。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2727-a048a6c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索