FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
若冲見てきました。
 検診の後、上野に寄って国立博物館の展示を見ました。

 プライスさんのブログを読んで行ったせいか大変見ごたえがありました。私は前評判が高い展示でも「あんまり」と思うことはしばしばありますが今日のはどの作品も「良さ」が解る気がしました。

 若冲のモザイク風の作品「鳥獣花木図屏風」には圧倒されました。前衛芸術です。
とらわれのない表現、色の大胆さ、根気を通り越した「執念」を感じ、見ていて疲れるほどでした。
 「プライスさん、これをタイルで再現したご自宅のバスルーム、(素晴らしいと思ったけど)
くつろげますか?」と質問してみたいです。

 一部の作品は光を変化させて鑑賞させてくれていました。私ははじめてこういう展示を見ました。
 日本家屋に美術装飾品がある場合、季節や朝から黄昏までの光の変化により鑑賞の趣が変わる筈です。今回はその再現を試みて下さったようです。
 光の当たり具合によって、白い鳥が浮かび上がって見えたり、紅白の梅があでやかに色味を帯びたり・・。特に金を使った屏風はその角度により変わる様が顕著で大変興味深かったです。

 改めて光と影の奥深さに惹かれました。
(これから見に行く方こちらで100円引いてもらえる情報あります。)
 
噴水に和みます

展示はこの本館の左奥にある平成館でやってます。
虎の毛並みもすごすぎる表現でした

虎やラクダ、鳥の羽の表現にも感激しました。表装の合わせ方も素敵でした。
 
 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/266-9cd7f3d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索