最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
吊り金具の付け替え方法
多くの額の裏面には紐を掛けて飾るように吊り金具が付いています。

最も一般的なのは裏面のやや上寄り左右2カ所に金具を取り付けて
下の写真のように紐を通して下げる形式だと思います。
gakuura1.jpg

今回は上部中央に金具を一つ付けて、紐なしで飾る方法をご紹介します。

紐がない方が作品の出し入れなどが簡単な上
額が前倒し(お辞儀)にならずにまっすぐ飾りやすいです。
ただ重量がある作品の場合は上部一箇所だけでは危ない事もあります。

これは正方形の額なのでまずトンボと呼ばれる羽根状の金具の位置を4箇所確認します。
一辺153ミリなので中央は76.5ミリです。
gakuura2.jpg

既に付いているトンボ金具のうち76.5ミリからできるだけ離れている物をみつけたら一箇所外します。
もしも1ミリ位しかずれていないと新たに穴を空けるのが大変難しくなるからです。

白い紐を通していた三角吊り金具を2箇所とも(凹凸を無くす為)外します。
gakuura3.jpg
先の尖った鉛筆で左右の中央76.5ミリ、上の辺から9ミリの所に+のマークを書き
交わったところに錐かドリルか目うちで細い穴を開け
三角吊り金具の表裏を確かめて(フラットな側が設置面)プラスのドライバーでネジを締めます。

三角金具の底辺=ネジ穴の開いた金具上部は額の縁から1㎜下位にあり
額を正面から見たら三角の上の角がのぞく程度が良いでしょう。
gakuura4.jpg

余ったトンボは少しずれた所に穴を開けて取り付け
4箇所でしっかり裏板を押さえましょう。
さらに丁寧にする場合円形フェルトを下部左右に貼ると金具の出っ張りが調整され
壁に設置する場所がガタつかず当たりがソフトになります。
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2634-343775c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索