FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
ビアトリクス・ポター
 ピーターラビットの絵本で有名なポターの絵はシャドーボックスを始めた頃から作り続け、今も教材にしています。
 私の主宰する「メルヘンシャドーボックス」の名前の由来もこんなところからきています。

 擬人化された動物たちが主人公でかわいいし、絵はとにかく上手い。その上お話には動物の生態を観察したことが反映されていて、ユーモアもあるところが長年読み継がれる理由でしょう。

 ポター女史は絵を描くだけでなく、絵本を出版して得た収益で自然保護活動をしたそうです。ナショナルトラスト運動は今も引き継がれていますね。いつか彼女が守ったイギリスの湖水地方を訪ねてみたいと思っています。

 シャドーボックスの題材に選んだ絵が絵本のものだとお話を読むように心がけています。絵の理解が深まると思います。
 写真はピーターのいとこ、ベンジャミンバニーのお話です。何故大きな帽子をかぶり、手にハンカチと玉ねぎを持っているのか。興味のある方は読んでみてください。いたずらで「くすっ」とするような楽しいお話です。

 右の額はクロスステッチの作品です。
 俳優のクリント・イーストウッドが昔市長をしたカリフォルニアのカーメルは、海辺の大変きれいな保養地です。おとぎの国みたいな建物がいっぱい。ストップの標識も木製でした。
 以前旅行した際、ピターラビットの専門店を見つけて感激!そこでインストラクションを買って作りました。布目が細かいと大変ですが、その分緻密で原画のニュアンスに近くなると思います。

 PICT1504.jpg


関連記事
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/26-a379fe99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索