最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
牡丹と藤と鼓その後
6月22日に定点観測風に制作風景をご紹介しました。
その続きです。赤い牡丹を組み立てました。

botan1.jpg
何ピースかめくれた細かい花弁を取る指示をしておらず
また番号が重なっていたりして修正しました。
既にこのキットをご購入下さった方には再度テキストをお送りしますので
宜しくお願い致します。
恐れ入りますが鍵コメントでリクエストを頂けたら幸いです。

今日はネットショップの発送が気になりながら
見本作品をほぼ完成させてテキストを書き直しました。
抜けている箇所がたくさん見つかりへこみました。

何週間か前の『天皇の料理番』というドラマで
主人公が恩師に「真心」を教わるシーンがありました。
「良い材料が揃わない日はあるが心がければ鍋は奇麗に洗えるだろう。
それが真心だ。」
我が身に置き換えますと
「テキストで間違えることがあるなら心をこめて修正しお届けしたい」
ということになるわけでした。
新しいテキストが届くまで制作はちょっと待って下さいね。

botan2.jpg 
組み立ての前に短冊状に1㎜の厚さの粘着スチロールを幅を変えて何本か切っておきました。
基本的に私は今シリコンボンドを使いませんので
花弁の裏側等に切って貼って高さを出しています。
斜めに切ったり丸く切ったり・・・角度が付く様に片側は1段反対側は2段などにもします。
一切手が汚れず 乾燥する時間が要らず作っていくことができるのが魅力です。
スカラップの花弁は窪んだラインに数ミリ切れ込みを入れると丸みが奇麗に入ります。

botan3.jpg 
重ねる順番は下から順にするよりは貼りやすいところから重ねたりしています。

↓この花弁も最初のテキストでは取り忘れていました。(泣)
botan4.jpg 
立体感があることとずれない事
その落とし所を探しますので中央部分は確実に重ねて
外周の花弁に角度を付けながら合体させる感じです。

botan5.jpg  
乗せて見ていますがまだ葉の部分に花は固定していません。
他のパーツを組み立ててから全体のバランスを調整できるよう保留にしています。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
関連記事

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/06/28 20:30】 | # [ 編集]


I様
ご連絡ありがとうございます。準備しましたので明日発送の予定です。
【2015/06/29 01:25】 URL | kazumi #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/06/29 06:43】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/06/29 10:41】 | # [ 編集]


横浜S様
これからコピーしたらDM便でお送り致します。以前の物は破棄して下さい。
一応書き直した箇所は濃い数字にしてあります。宜しくお願い致します。

岐阜I様
今回のお荷物に入れさせて頂きますね。いつもありがとうございます。
鉛筆もお使い頂ければと思っております。
【2015/06/29 11:08】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2560-fa2a362d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索