最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
透明な板を使って
昨日の続きで
透明板による水の表現についてご説明致します。

このワンちゃんの暑中お見舞いのカードを見てひとめぼれしたのですが

「水を透明な板で表現したら面白い!」と即座にイメージが浮かびました。

通常はスチロールやシリコンを使い必ず絵の下で支えますが
今回はマットで隠れる部分で透明板を支えて魚を浮かしています。

テキストの手順どおりに組み立てれば難しくはありません。
DSC02802.jpg
(写真には余分な横線が一本入っていますが皆さんの物には入っていません)
透明板はキットには2枚分入っていますので中央をカッターで切ります。
板は見本作品より大きめですし切り損じても隠れる所なので誰でも気楽に切ることができます。

波用白黒テキストの上に中心線を合わせてマジックで波のラインを写します。
そのラインをビニールごと鋏で切るのがコツです。
左右は少しラインの位置が違うので波を層にして涼しげに立体感が出せます。
私は余った板でサングラスのガラスも入れています。


ita1 nosemashita
スチロールで1枚目の透明板を支えました。
透明なのであんまりわからないですね。
板の上に青い魚3匹を乗せて固定しています。
浮いて見えるのが面白いでしょう?

suchiroru3dan.jpg
皆さんのキットの板はもっと大きいです。
私のは無駄なく板を取る都合でぎりぎりなのです。


波のカーブはうまく切れば切るほどさりげなくなり
気付かれないかもしれません。(笑)

最後にグリッターでキラキラさせビーズも貼ってみました。

私はこれで「夏よ、いつでも来い!」という心境です。


完売御礼
御蔭さまで1日足らずで完売致しました。
元々仕入先は本店支店かき集めてご用意致しましたので
今回はこちらで終わりです。買えなかった方ごめんなさい。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ



     
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2547-c52c12c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索