最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
大人くまちゃんクッキーとピーカンスノーボール
クッキーの私の定番はスノーボールですが本来は胡桃で作るところを
ピーカンナッツに替えて作ってみました。

それから先日流行りの「くまビスケット」を焼いたのですが
ちょっと舌の肥えた次女には不評でしたので(笑)
バターたっぷりで焼いてみました。
因みに私は方針があってマーガリンは食べません。

くまちゃん型もドイツ製を取り寄せましたが小さすぎてピーカンナッツは乗らないので
相似形で大きいのを冨澤で入手(ほぼ半値)しました。(灯台もと暗し)

実はこのクッキー2種は途中まで同じ手順で作るのでほぼ同時期に
天板2枚で焼くことができます。
DSC02666.jpg

フードプロセッサーで切ったバターに小麦粉がまぶされた状態にしてから2つに分けて
片方はナッツ入りにして丸めもう一方は平らにのしてくまちゃん型で抜きます。

レシピのリクエストがあったので公開します。
何種かのレシピをアレンジした私独自の物です。

ふるった小麦粉300グラムと切ったバター200グラムを
(夏は切ってから少し冷凍します)
フードプロセッサーに入れて混ぜて
バターが細かい粒子になって粉が表面にまぶされた状態にする。

ビニール袋2個を用意して250gずつ2袋に分ける。

スノーボールはピーカンナッツをフードプロセッサーで細かくしたもの60gと
粉砂糖30g加えて10gずつ丸めて1㎝程間を空かせて
オーブンペーパを敷いた天板に並べて焼く。目安は170度25分
焼いて冷めたら粉砂糖を振りかけ更に袋に入れてそっと粉砂糖を表面にまぶしつける。

くまちゃんクッキーは紅茶小匙2(私はアーマッドのアールグレーティーバッグ2袋)と
粉砂糖50gを入れて混ぜる。
オーブンペーパーの上に少しまとめた生地を置いてラップを乗せ綿棒で厚さ5ミリ程に延し
型で抜いてオーブンペーパーを乗せた天板に隙間を空けて乗せていく。
竹串で目と鼻3点窪ませ胸にナッツを乗せて手で抱かせ170度20分焼く。
DSC02668.jpg
オリジナルは固くしまった生地でしたがバターの多いこの生地は
ベーキングパウダーを入れなくても少し膨らみます。
「作り手を反映して肥えてしまって」と自虐ネタになりましたわ。(笑)

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ


関連記事

この記事に対するコメント
お疲れ様でした
目の回るような1週間でしたね。
お疲れ様でした。ありがとうございました。
ホビーショーでは、1日、講習ブースに缶詰でしたので、
短い休憩時間にtildaさんにはいかなくちゃ、と拝見してまいりました。
時間がないのに、なかなかたどり着けず、方向音痴の自分に頭に来ました!
たどり着くと、作品がお店の雰囲気に溶け込んでとても素敵でした。(*^_^*)
フォーラムでも、駆け足の先生とばたばたで、残念でした。
またお目にかかれるのを楽しみにしております。
【2015/04/27 09:30】 URL | May #SFo5/nok [ 編集]


Mayちゃん
展示の壁はシャドーボックス界では超レベルの高い谷口先生、雅予先生、田中祐子先生と並んでいましたね。全く引けをとることなく素晴らしい作品でした。 お疲れさまでした。
tildaさんは会場のど真ん中アベニュー39(今年のテーマがサンキュー)そのまたど真ん中のブースで逆に探す方が多かったですね。
お忙しい中お越し頂き大変ありがとうございました。カルトナージュで人気の井上ひとみ先生とセンス抜群のtildaさんですので脚を引っ張らないよう販売促進のお手伝いをしようと頑張りました。知り合いだけでもペーパーパッド何冊か買って下さいました。
イベントは刺激になりますね。またお互い頑張りましょう!
【2015/04/27 22:22】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2522-6ccc1503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索