最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
商標登録のお話
「シャドーボックス」を商標登録に出願した企業があると聞いて調べてみました。

シャドーボックスはアメリカでは立体的な額を指す場合が多いです。
DSC02647.jpg
ホビーショー tidaさんに飾って頂く額作品です。
今は販売していないtildaさんのとてもかわいいティーカップの生地から
図案を起こして紙で再現しています。今年のテーマは「ありがとう」


日本では駐在で海外へ渡った婦人たちがクラフトアートして持ち帰った
立体額絵をシャドーボックスと呼ぶようになりました。
印刷されたプリントを複数枚切って表情をつけてから貼り重ねて再構成し
立体にして額に収めて飾るのです。

額作品の二つ目はおもちゃ屋さんをテーマにしました。
DSC02639.jpg
看板の文字はとても細い為赤い色の紙を立てて支えています。
DSC02640.jpg
お店のウィンドウには透明な板を入れてガラスの表現をしました。
でも気づいてもらえないかも・・・と思ってシルクスクリーンで模様を入れました。
鳥籠もメチャ繊細でしたよ。

今は作っていないけれど例えば「シリコンバレーでお友達と作ったわ。」
等経験のある方は数万人単位でいらっしゃると思います。

1年半おきに開催される全国規模の展示会では
200人弱の先生、講師が参加されています。(メンバーは一部入れ替わっています。)
来週水曜から東京フォーラムで「シャドーボックス・イン・ジャパン」が開催されますが
万一企業が商標登録を取得したら今後はそのような名前の展示会も開けなくなるのでしょう。

私のネットショップだけでも数100人のお客様ですし
はっきりわかりませんが愛好者は1万人は下らないと思います。

私はこのクラフトアートが廃れず普及発展するように願って活動してきました。
「シャドーボックス」という言葉が自由に使えなくなったら大変ですので
行動をおこすつもりです。
DSC02643.jpg
welcome作品はこの右側と下側ににちょいと工夫をしています。
背景はシルクスクリーンのレース模様を入れてレジンで仕上げ♪
黄昏時に撮影したのでレトロな色合いですが実際はsweetな作品です。
以上3作品 是非会場でご覧になってくださいね♪


特許庁に問い合わせたり シャドーボックス関連で既に商標登録をした方に聞いたり。

過去に「シャドーボックス」では取れなかった事例もあるのですが審査する時期によっては
却下される保証はないそうです。

大変に困ったお話です。
こういうことをしようと考えるのはシャドーボックスが有益で魅力があるからなのでしょうか?
その会社が今までシャドーボックスの額やキットを作ってきて
多少なりともこのクラフトアートに関わってきたのならまだしも
そういった認識は私にはありません。

私は絵など描く方の著作権は尊重していますが
権利等企業に主張されずに愛好者と楽しく作っていけたら良いなぁと願っています。
関連記事

この記事に対するコメント

多大な手間をかけさせてしまい申し訳ございません。
私の認識間違いだったら大変申し訳無いのですが、知っている範囲の知識でみると、商品の分類を見ると、キットなどにかかりそう
私の方も一個人として企業に問い合わせするなどの動きをしてみたいと思いますので、何か分かり次第シェアさせていただきます
【2015/04/16 07:24】 URL | Kanju #- [ 編集]


kanju様
お知らせ頂きありがとうございました。
以前に「シャドーボックス」が取得できなかった経緯もS先生から教えて頂き、
これから商標登録の経験のあるA先生と一緒に情報を集める予定です。
今回このように力のある先輩がいて横のつながりがあることを心強く感じています。
足の引っ張り合いをせず仲良くしてきて良かったです。(笑)
【2015/04/16 15:04】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2516-f2915437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索