最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
フリクションペンの裏技
こすると消えるので愛用しているフリクションペン。

私はここ数年テキスト作成でもお世話になっています。

後で消せるという機能は大変ありがたいことで
紙だけでなく
布でも木でもOKだと気づいて尚更用途が広がっています。

消し方も本来のペンの後ろでこするだけでなく
原理は「熱で消す」ということなので
アイロンでもドライヤーの熱でも簡単に消せたのでした。

例えば最近ではリースを絹を貼った土台に貼る時中心を見つけてマークするとか

ストライプのボーダー模様を作るのに木に印をつける際

フリクションを使い作業が終わったら消しました。

洗面所に行ってドライヤーで熱風を当てるだけです。
DSC02607.jpg
こちらの上の部分がそのボーダー部分です。

マスキングテープを使ってストライプを入れ、印を消してから樹脂掛け。
照明がはっきり映るくらいぴかぴかの皮膜となりました。

逆に「消えて困った」場合は冷凍庫で冷やすと「復活する」という話ですが
私は実験はしていません。魔法の様ですね。
関連記事

この記事に対するコメント
実験しましたよ
何年か前に紙に書いたものを消して
冷凍庫に入れる・・・って実験しましたよ~
見事に復活しましたよ(^^ゞ
【2015/04/09 08:46】 URL | Akiko☆ #Z6nOXatE [ 編集]


Akiko様
そうでしたか。ありがとうございます。それなら安心ですね。
すごい進歩だと思います。海外の方のお土産にも喜ばれるようですね。
【2015/04/09 14:40】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2501-56636fcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索