最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
桜 洗練の和柄を
和柄のシャドーボックスは多くの場合

海外向けグリーティングカードやカレンダー
カード会社の和風プリントを利用して作ってきました。

今回新作キットとして準備中なのは着物の図案をデザインしてこられた
成願義夫氏の絵柄を印刷したものです。
sakura 4cards
桜リースの見本は4枚で作り、テキストも4枚で考えましたがキットは5枚組にします。
1枚目の全体像からピースを抜かずに5枚目(予備)から抜いて下さい。

成願氏は数年前から私が憧れてきた方です。
図案家として育まれた和の紋様や色の約束事を確実におさえた上
表現される美意識の高さと洗練に惚れ込んでおります。

sakura part de
絵柄にはグレーの輪郭線があるので確認しやすいです。
ずっと繋げて置いて丸みを付けて縁の色塗りを終えたら切り外して
部分毎に組み立てると合理的です。
細い枝の裏には針金の補強をしましょう。


このたびシャドーボックスを制作する為にプリントを印刷しキットを販売し
私が作品を制作販売する許可を数十枚の絵柄に限って頂きました。
正式にシャドーボックス用にそれらの許可を頂いたのは私が初めてだと思います。s part kage
花弁はまだ繋がっています。固定してからはずすと逆に簡単でした。
花芯はお好みでどうぞ。

今後しばらくは他の誰も扱っていない
美しい和の紋様を皆様にお届けできるのが嬉しいです。

正直私は許可を頂くのが難しいと思っていましたが
願えば叶う物なのだと感じました。

紙質はニスによっては沁みる可能性がありますので予め要らない部分でお試しください。
DSC02391.jpg
こちらはリースを持ち上げてニスを掛けて乾燥後
絹の布を貼った土台に固定しています。
花弁にはちょっとパールの光沢を付けました。
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2495-e7467d58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索