最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
過保護な先生
お料理(華道、お茶)洋裁、パッチワーク、トール、蒔絵、ステンドグラスなど
習い事は今までいくつかしてきたので様々な先生に出会いました。

自分が教える立場になって
良い先生の真似をして良くない先生は反面教師として参考にしたかもしれません。
DSC02419.jpg
これから樹脂を掛ける生徒のMさんの作品です。
花瓶が白で背景も白なので引き立つようにグリーンにぼかしを入れました。



シャド^-ボックスはアメリカで数時間しか習っていないため
私は模索しながら自分の教室をやってきましたが
つくづく過保護な先生だと自覚しています。

親切に、丁寧に、分かりやすくを心がけて来て
実のところこれが良いのか悪いのかはわからず

親切心が仇となって生徒さんの考える力、工夫する部分を私が奪っているのでは?
と思うこともあります。(笑)

テキスト作成では誰でもが分かるように
切る部分を指示して貼る順番を書き込み
丸みの付け忘れが無いように細かい斜線を入れ
切り込み線もできるだけ記入します。

それでも見落とす人ははいますから・・・・

逆に仕組みを自分で考えられるように基礎を教えたらやや突き放し
どんな絵でも自分でテキストを考えられるまで育てるべきでしょうか。

勿論希望があればお教えしますが実際にそこまで望む方は少ないですね。
しごいて欲しい方はどうぞ仰ってください。
ビシバシ体育会系でご指導もできますので(嘘)
DSC02420.jpg
絵で隠れる所から絵の具を入れて周囲にぼかしていくと失敗しません。

亡き父によく母が言われていました。
「お前が子供をダメにしている」

世話やきの母に通勤時代までお弁当を作ってもらっていたかつてのダメ娘です(笑)
自分の娘たちには母ほど世話をやいておりませんが。
(ここは 「敢えて」 と言わしてもらいましょう)

でも知っていることはなんでも教えたくなってしまう
性分だから仕方がないか・・・とも思っているのです。


はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2484-54aaa18a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索