最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
こだわりと時間
お知らせ

3Dシャドーボックスアート協会のHPに

昨年12月3週間開催された京王プラザホテルの合同展の作品画像が

スライドショーでご覧いただけます。

力作ぞろいですのでご覧になって下さい。





昨年残念ながら廃業したキャロル・ウィルソンのキットも

残り僅かとなりました。

特に箱を集めて作ってきたブーケの作品はカードを40枚買ってやっと一つ

作れるものなので私の教室内でもレアなキットでした。
生徒のSさんの作品。丁寧に作られたので見応えがあります。
DSC02414.jpg
樹脂作品にするためそっくりな木の台を切り断面は絵柄と同じような色で処理します。
DSC02416.jpg
木の裏面はウェッジウッドグリーン等を塗っておきます。

樹脂作品の場合土台のやすり掛けと裏と断面の塗装をして
花の作品部分には滲み防止を施すので何かと樹脂までに事前準備が必要です。

私は裏も恥ずかしくないように仕上げたいと思います。
裏面は塗装後にニス仕上げをしますがそれは樹脂かけの2日前に終わらせたいと思うのです。
しっかり乾燥させるとマスキングテープが奇麗にはがせるからです。

そういった事情で樹脂掛けの体験教室は難しいです。

今の時代早く作って当日持ち帰りたい方が多いのは分かりますが
こだわって作るとそうはできず
結果的に時間を掛けてじっくり作りたい方にご参加頂く教室になりました。

作品はずっと残る物ですし仕上げを観たら過程が想像できます。
なので時にはダメ出しもするし作り直す場合もあります。

納得しながら作りたい。
それでも付いて来て下さる方がいて幸せに思っています。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2482-199bbe76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索